ねこしごと

ねこと思い出ばなし、ちょっぴり金魚とカメ

小ボケ母さんの目に見えている世界とは

今週のお題「おかあさん」

 

これまでなにかと

チョイチョイと登場してきたのがこの方

実家の小ボケ母さん 

 

f:id:munazouchan48:20180516175010j:image

 

・・・いいえ

これはその人が抱いている

ノラ猫の親分かつあんこちゃんの父ですが

 

この母は

なかなか認定が難しいと言われている

認知症 なのですが

審査の際の

わたしの神のような対応と ← 自分で言うか‥

ほんのちょっとの知恵と工夫と

たいそうなずる賢さ

おかげさまで

要介護認定をいただいています

 

その甲斐もあって

介護保険が利用可能なため

ケアマネさんといろいろ相談のうえ

枠内でやり繰りして

週3回通所介護に通うことができています

 

いわゆる

デイサービスなわけですが

 

全日コース週2回 それぞれ施設A及びB利用

    水曜日  A施設

    生活機能訓練、レク主体、昼食あり

    土曜日  B施設

    生活機能訓練、レク主体、入浴・昼食あり

 

半日コース週1回 

    月曜日  B施設  

    生活機能訓練、レク主体、昼食あり

 

もちろん

みなさんご存じでしょうが

介護保険利用といっても

無料なわけではありませんし

父にいたっては

ギリギリのラインで制度に引っかかり

二割負担の憂き目に遭うという不幸さ

 

・・・まあ

上限過ぎれば還付されますが

 

ちなみに「上限すぎれば 」と入力して

なにげに変換しようとすると

「上限すぎレバー」とか

「上限過ぎレバノン」など

なにやらトンチキなワードが真っ先に出るのは

ウチのアイパッドさんだけなんでしょうか?

 

・・・戻ります

 

現在のケアマネさんは歴代四代目にあたり

これまでで一番お若いこともあり

 

みなぎるやる気

軽いフットワーク

 

つねに新しいプランや情報を

迅速かつ丁寧に提供してくれます

 

いまの実家の状況を

ざっくり解説しますと

 

父は頭は冴えわたっていますが

介助なしではなにもできない

というより

自分ではなにもしない要介護4

 

かたや母は

最近では小ボケを通り越して

ただのボケに絶賛グレードアップ中の要介護3

 

この父と母まとめて

いろいろな訪問サービスを駆使して

プロのお力をお借りしているわけですが

絶妙にその間隙をぬって

母がやらかすプチ徘徊や食事の問題・・・

 

なにかと悩ましいことばかり

 

わたしも姉たちも

親の介護に人生捧げるような殊勝な人間では

まったくありませんし

 

このわたしにいたっては

ケアマネさんからの行方不明母捜索依頼

 

ヘアカラー中なので!

 

そんな理由で拒否するような娘です

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

かといって親たちも

まだどこぞに預ける段階でも無いし

ましてや本人たちがそれを望むはずも無し

つまりダブル終身在宅というわけで・・・

 

なかなかどうして

厳しい状況なのであります

 

そんなこんな?で

ケアマネさんと相談の上

母のプチ徘徊防止対策としての

半日のデイサービス

5月からさらに追加することになりました

 

小ボケの母を

父とふたりきりで実家に置いておくより

いっそのこと

家にいてもらわないほうが

正直わたしとしては安心できるわけで・・・

 

ただし

母の外出を増やすということは

つまり

わたしが実家で父の様子をみる時間が

激増することになり

なんだか苦渋の決断でもあるのです

 

要するに自分で自分の首を

きゅうっ!と絞めた結果に・・・ふうっ

 

いちおうこの半日デイ追加について

実家住まいの働く姉に承諾を得ましたが

その姉にはこう言われてしまいました

 

わたしに

負担がかからないなら

なにしてもいいけど!

    

・・・ちぇっ ⤵︎

こいつぁ

とんだ暴君がいたもんです

・・・まるで女帝です

 

西太后武則天か・・・

 

 ↓ 正直どっちでもいいふたり

f:id:munazouchan48:20180516175245j:image

 

はたまた

北条政子日野富子か・・・

 

 ↓ これもどっちでもいいおふたりさん

f:id:munazouchan48:20180516175300j:image

 

注  面倒なので良い子は自分でグググッとしましょう

 

はっ!いかんいかん!

ここでお伝えしたかったのは

こんなことではなく

実家であらたに発掘した

ある出土品についてのことなのです

 

すっかり母の代表作となった感のある

デイサービスのレクで作った

お馴染みの木目込みパネル

 

f:id:munazouchan48:20180516184416j:image

 

このキットのパッケージ

お手本として同封されていたと思われる

一枚のチラシがこのたび発見されたのです

 

それがこちら

 

f:id:munazouchan48:20180516184451j:image

 

そしてこれが

間違いなく正解の姿なのです

 

せっかくなので並べて比較してみます

 

f:id:munazouchan48:20180516184538j:image

 

うーむ・・・

 

ウチの小ボケ母さんには

コレがこう見えたのでしょうか

 

それとも

この怪しい目つきこそ

オリジナリティを表現できる

この作品の唯一の箇所であると気付き

あえて意図して手を加えたのでしょうか

 

とてもじゃあないですが

 

わたしのような凡人には

真相を推し量ることなど到底できません

 

しかしこの母・・・

かつては

趣味で日本画を描いたりする人でした

木目込みの人形

たしか何体か製作していた記憶もあります

それはこういったタイプの

ソコソコ本格的なのものでした

 

 ↓ あくまでイメージ

f:id:munazouchan48:20180516185122j:image

 

それが・・・いまではあの猫の目つきです

母の脳みその変化や劣化

はからずしも

あの名作を生んだのだとすれば

老いということも

考えようによっては

捨てたものでもないかもしれませんね

 

いや・・・

本人以外が

ただただ大変なだけですけど

 

ついでに古いアルバムも見つけました

この写真は

幼少時のわたしがクソ憎たらしい顔で

愛車をバリバリに転がす微笑ましい姿です

 

f:id:munazouchan48:20180516193458j:image

 

この十数年後に小型とはいえ二輪免許を取得し

ヤマハ TZR125 という

とても素敵なバイクを購入しますが

ほぼ慣らしが終わらないまま

金に困り売却することになろうとは

まだ誰も知る由もないのでした

 

なんでしょう・・・

この写真

戦後感がハンパないです ⤵︎

 

 

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

munazouchan48.hatenablog.com