ねこしごと

ねこと思い出ばなし、ちょっぴり金魚とカメ

わたしのオトコ

ネコを飼うようになってから

もうずいぶん経ちますが

始めの十年ほどは

女のコちゃんなネコとしか

暮らしたことがありませんでした

 

f:id:munazouchan48:20170904140451j:image 

 

わたしの最初の

オトコとしてやってきたのが

黒猫のおにい君

実家の庭で生まれた野良の子3匹

みな無事独立してくれたかと思いきや

メスのにば子ちゃん

ゾロゾロと子連れで出戻ってきました

子猫を咥えて何往復もしていたようで

近所のイヤなおっさん家を通り抜けた際

おっさんの奥さんに見つかったらしく

居合わせた姉が言うには

そちらの方角から

キンキン声の怒声が聞こえてきたそうです

小さい身体で必死にムッチリした子猫咥えて

どれほどの覚悟だったかと想像すると

本当に涙がチョチョギレてしまいます 😢

これは

おにい君の妹のにば子ちゃんのお話

にば子一家はそのまま室内飼いとなり

今も全員元気だし

あの時の小さな子猫たちは

怖るべき巨大ネコと成り果てました

 

で、その頃

おにい君は何をしていたかと言うと

まあ、オスですしカラダも大きいし

放っておいてもいつか

自然と独り立ちしてくれるにちがいない

そう信じていたにもかかわらず

穏やかでのんきな性格の彼は

コソコソとこそ?していましたが

そのまま1歳過ぎまで

実家の庭で何不自由なく暮らしてました

結果的には

オトナの縄張り争いのトバッチリを見事に受け

こっぴどくガブられて大怪我 🤕

恐怖に固まっていたところを捕まえて

そのままわたしのオトコになりました

 

1年間のコソコソ暮らしが

きっちり染み付いてしまっていたせいか

誰よりも大きなカラダで

恐いくらい真っ黒なくせに

何かというとすぐに

「ビクッ!」

として石化するなんとも気の小さいオトコです

美少女のようなか細い声で

執拗に甘える夜もあれば

「オララーオララーッ」

叫びながら下腹の肉を左右に揺らしつつ

若いちまおさんとはしゃぎもします

 

そういえば 🤔 🙄

わたしを含む女性陣の絶大な信頼と愛情を

完全に独り占めしていたところに

ヒモノ兄妹のちまおさんが子猫でやってきて

強烈なキャラクターでウチを席巻しながら

わたしの第二のオトコとなったとき

おにい君はどんな気分だったのかな?

 

怒ってイジメたり子分扱いしたり

そうなっていた可能性も

ゼロではなかったはずなのに

でもオバサンは

なぜかぜんっぜん心配してませんでした

 

・・・なぜなら想像できないんですよ

優しくないおにい君の姿を 😑

 

「おにい君は優しいけど小心者」

「ちまおさんは優しいけどウザい」

 

以上の二点が

わたしの明察するウチのオトコという存在です

おにい君とちまおさん

タイプはまったく違いますが

どちらも優しいことに変わりはありません

ちまおさんのデビちゃんへの優しさなど

もしあれが

自分へ向けられたものだったらと思うと

ゾーッとするほどの激しいウザさ 😣

控えめなおにい君が好きでしたが

ちと物足りなさを感じる時もあり

次にオスを迎えることがあったら

グイグイ来てくれる

おにい君とは正反対の子がいいな

そう思っていたバチが当たって

ウザ猫ちまおがウチにやって来ました

見たところ

ちまおさんは根っからの子分体質で

大雑把な良い子だから

喜んで子分になってくれそうだけど 🤔

でもいいか 🙄 じゅうぶん仲いいですし

 

だからおにい君

最近できたハゲなど気にしてはいけません

ああいうものは

気にすると治るものも治りませんから

ね?

おにい君 改め つるっと君!ひひひっ 🤓

 

 

f:id:munazouchan48:20170904125751j:image

 

f:id:munazouchan48:20170904125801j:image

 

f:id:munazouchan48:20170904125814j:image

 

f:id:munazouchan48:20170904125845j:image

 

f:id:munazouchan48:20170904125859j:image

 

f:id:munazouchan48:20170904125919j:image

 

 

 

munazouchan48.hatenablog.com

  

 

良い機会なので

過去のおにい君関連を見返してみました

残念ながらだいぶ同じ内容でした ⤵︎

・・・そこそこ忘れてるもんですね

ただこの頃ハゲの兆候はまだありませんでした 👴🏼

大丈夫です 🙆 そんなことで

わたしのおにい君への愛は変わりません 😍

 

 

munazouchan48.hatenablog.com