ねこしごと

ねこと思い出ばなし、ちょっぴり金魚とカメ

初雪と冬のジンクス

 

今年はとにかく秋が長くて

晴れた日が続いていいなあ

そう思って過ごしていましたが

 

f:id:munazouchan48:20181212022722j:image

実家の庭の南天

 

先週

ここ南東北にもやっと初雪が降りました

 

週末に到来する寒波は

確実に雪を降らせますよ

 

そう断言したのは

地元テレビ局に努める

やつれたヒヨコみたいな

気象予報士のおじさんです

 

この気象予報士はおじさんといっても

わたしよりも数歳お若い中年男性です

 

f:id:munazouchan48:20181211142117j:image

 

こちらは

ご本人が使用されている

twitterの可愛いキャラクターです

 

そこそこ似ていますかね

少々可愛らしすぎるのは否めませんが・・・

たいていはこんな感じでしょう

 

もちろん

わたしが描いたものではありません

プロのデザイン事務所さんのお仕事です

 

ただし

もし描いてくださいという

オファーがあったなら

まあまあヒマなので

描いてあげないこともないのですが

 

それにわたしだったら

・・・そうですね

 

点描画法を用いて

シワにもシミにも目をそらすことなく

超リアリズムを追求したいと思います

 

点点点点点点点点点点点点点

あれれれれ?

という漢字がなんだかわからなくなってしまいました

ホントにこの字でよかったんでしたっけ?

お馬さんが脚をサカサカさせて走ってるみたいですねえ

 

でもまあおそらく

たとえヒマでも

わたしがお小遣い欲しさ

そのオファーを受けることはないでしょう

 

わたしもなにせこの歳ですから

残りの人生できることなら

美しいものだけを描きたい

そう思っても当然ですからね

 

それはいいとして

この方は夕方のニュースで

ご自分専用のコーナーをお持ちの

地元ではちょっとした人気者です

 

 ↓  こちらはかなり似ていらっしゃいます

f:id:munazouchan48:20181210125627p:image

www.fukushima-tv.co.jp

 

こちらのテレビ局はご近所ですので

物心ついた頃から

完全にわたしのテリトリーの範囲内

 

ですので昔から

この局勤務のアナウンサーさんなどは

 

昼間の公園ですれ違ったり

 

街かど中継につい

身内が映り込んでしまったり

 

夜の繁華街で

盛り上がっている姿を

予期せず拝見してしまったり

 

なにかと縁があったものでした

 

そんな地元に根ざした地方テレビ局の

人気お天気情報コーナーですので

県民からの信頼の厚さたるや

どれほどのものか想像に難くありません

 

ひとたびこの人気気象予報士さんが

 

タイヤ交換は

今週中に済ませましょう!

 

番組中そう発言したならば

次の日のガソリンスタンド

郊外のカーショップはもう大変です

信心深いご高齢ドライバーたちが押しかけて

朝から順番待ちの長い列が出来るのです

 

もちろん

みなさん予約無しの飛び込みです

日がな一日お店で待機して

ひたすら空きが出るのを待つのです

 

ノーマルタイヤのままでは危険ですからね

さすがベテランドライバー用意周到です

 

一日中待機だなんて

どれだけ・・・

 

予報が当たればいいですねえ

 

あ、そういえば

前にもなんか悪口を言った記憶が・・・

でもこのわたしが悪口なんて・・・

そんなはずありませんから

きっと気のせいですね

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

ちなみにですが

週末は必ず雪が降るという

今回の予報はズバリ大当たりでした

 

全国の気象予報士さんたちみんなが

口を揃えてそう言っていましたし

最近は地区ごとで検索できる

便利な予報ツールがいろいろとありますしね

 

www.accuweather.com

 

ただここに至るまでに

初雪予報タイヤ交換時期の目安について

今年もたびたび

お外しになっているわけなんですが・・・

 

でも大丈夫

予報どおり

とうとう雪は降ってきました

 

土曜の真夜中過ぎから

ちらりほらりと降り始め

明くる朝カーテンを開けると

うっすらと積もっている程度の初雪です

 

え?

そういう自分は

タイヤ交換は大丈夫かって?

 

うふふふふふ・・・

それが大丈夫なのです

 

なぜならこの雪は

わたしが

とあるジンクスを発動したために

この日を直撃して

降るべくして降ったものなのですから

 

まあつまり

こういうことです

 

わたしが何も考えずに

ディーラー実施愛車無料点検

こちらの日程にあわせて

スタッドレスタイヤ交換を予約すると

そのだいたい次の日あたりから

決まって雪が降りだすのです

 

もちろん

気象情報を細かくチェックして

自分なりに綿密な予想を立てて・・・ではなく

適当な日に

適当な電話をかけて

 

プルルルル・・プルルルル・・・

あ、もしもし

ディーラーさんですか

タイヤ交換お願いしまーす

へ?

しばらく予約でいっぱい?

えーとじゃあ

いつから空いてます?

あ、はーい

その日でいいでーす

よろしくお願いしまーす

・・・ガチャン ← あ、携帯でした

 

今年もこれで完璧です

この予約日を境にわたしの街には

冬が始まるというわけです

 

今年の予約日は

先週の木曜日 12月6日でした

 

そしてまもなくは降りだしたのです

 

  ↓  去年もほぼ同様でした

munazouchan48.hatenablog.com

 

この輝かしい実績により

実家の姉などは

全国で雪の便りチラホラし出すと

わたしに必ずこう尋ねるのです

 

ねえ

タイヤ交換いつ予約した?

 

鉄壁のジンクスは今年も健在です

 

ですので

来年もこのスタイルは崩さないつもりです

 

こうなりゃ

己を信じて突き進むのみ

 

なんなら冒頭の

似顔絵のオファーはお断りしますが

タイヤ交換時期予想でしたら

特別にオファーを受けてやってもいいのですが

 

くすくすくすくす

 

本当は

早め早めに済ませておけば

もちろんいちばんいいんですけどね

 

青空に映えていた同じ南天

昨夜からの湿った重たい雪で傾いて

今朝は鈍色の空の下でこんな風です

 

f:id:munazouchan48:20181212092009j:image

 

 

ねえねえ、でっかいチビちゃん?

 

f:id:munazouchan48:20181212095323j:image

 

f:id:munazouchan48:20181212095342j:image

 

f:id:munazouchan48:20181212100314j:image

 

おかあのジンクス、すごいでしょ?

 

f:id:munazouchan48:20181212095413j:image

 

f:id:munazouchan48:20181212095428j:image

 

ああ・・・アレも載せとく?

あんまり気がすすまないけどねえ

 

f:id:munazouchan48:20181212095445j:image

 

まあいいか、へへへっ

 

f:id:munazouchan48:20181212095529j:image

 

f:id:munazouchan48:20181212095545j:image

 

それは無理だよ・・・

でっかいチビちゃんは食いしん坊だなあ

 

f:id:munazouchan48:20181212095830j:image

 

 

 

日本昔話 カメのジジイの恩返し 2018 冬

 

最初に断っておくが

このお話はけっこう長いんじゃ

 

要はただの

前回のスピンオフなんじゃが

 

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

 

はじめこそお膝でお利口に聞いてた

ネコのちまおさん

思わず寝落ちするほどのボリュームなんじゃよ

 

 

f:id:munazouchan48:20181207175106j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207175122j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207175431j:image

 

 

・・・だからのお

 

充実した楽しい現実生活

そんなもんを

思いっきりエンジョイしとるような

そういう忙しいピープル

時間が無駄じゃから

読まんほうがええと思うがのお

 

でもまあ

とりあえず

はじまりはじまり〜

 

 

むかしむかしあるところに

 

長年一人暮らしの

それはそれは

寂しいオバサンがおってな

 

たくさんのネコや金魚と一緒に

カメのジジイ

しんねりと暮らしておったそうじゃ

 

このオバサンはな

 

めんどくせえめんどくせえ

死ぬほどめんどくせえ

 

ブツクサブツクサ言いながら

それでもこのジジイのカメ

若い時分から

28年も世話してきたんじゃから

何気にヒトの良いオバサンじゃよ

 

このカメ

このオバサンが出会ったのは

ほれ、あれじゃよ

バブル崩壊カウントダウン開始直前じゃ

 

ほんに

おっそろしいこったで

ああ

おそろしいおそろしい

 

その後の日本経済の冷え込み

オバサンの人生を考えると

なんとも不吉なカメなんじゃよ

 

その証拠にのお

このカメが売られておった

あのペットショップじゃが

オバサンカメを売りつけてまもなく

なんとすぐに閉店セールときたもんじゃ

 

なになに?

なんじゃ・・・

そこのワラシは

バブルが何かも知らんのか

 

ではしかたないのお

ちいっとだけ

説明してやろうかのお

いいか?

耳かっぽじって

よく聞くんじゃよ

 

バブル期っつうのはなあ・・・

 

もうずいぶんと遠い昔

1986年(昭和61年)12月から

1991年(平成3年)2月までのこの期間

日本をトチ狂わせたにわか好況期

そいつのことをそう名付けたもんなんじゃ

 

それまでの日本はのお

続いた円安のおかげで貿易輸出が順調

海外でぎょうさん製品が売れて

貿易黒字国と呼ばれておったんじゃあ

 

おかげで困ったアメリカさん

日本への対抗策として

プラザ合意つうもん締結で

なんでかんで日本

円高に持ち込もうとしおったんじゃよ

 

アメリカさんめっ!

貿易摩擦めっ!

 

さすがアメリカさんは凄いのお

おかげであっという間に

日本円高になりおって

輸出は伸びない製品は売れない

世の中はもう不況まっしぐらの予感じゃ

 

ところがどっこい!

コイツァいけねえや!ってんで

日銀さんも負けずに考えたんじゃな

 

公定歩合引き下げを実施しおった

 

うーん

で、どうなったかというとじゃな

とにかく銀行から金が借りやすくなりおった

まあこれが

いわゆる金融緩和政策じゃよ

・・・なんというか

ここからバブルが始まったんじゃな

 

つまりじゃ

ここからは面倒なんでザックリじゃぞ

 

銀行から金を借りては

次々と不動産を買い込んで

またそれを転がして担保にして

調子ついでに

今度はを買ったりしたもんじゃから

土地株価グングン高騰しおってのお

 

とんでもない成金たち

あちこちで大暴れしたもんじゃから

ついでにつられて一般人も給料は上がるし

ついつい

金づかいも荒くなったというわけじゃ

 

日本中がイケイケドンドンしておった

それがまさに

バブルっつう

あの51ヶ月間のことだったんじゃよ

 

・・・・ところがじゃ

 

何事にもいつか終わりがやって来るのが

この世の理というものでのお

 

こりゃあ

さすがにあかんわい!

 

危機感を覚えた日銀さん

またまた颯爽とご登場じゃ

 

さっきも出てきた公定歩合

慌てて今度は

ガッツリ引き上げもんじゃから

もうなかなか金なんぞ借りれるもんでねえ

 

コイツは参ったのお

 

今までウハウハでご機嫌だった御仁たちはのお

今度は土地もおいそれと転がせねえし

そのせいで

不動産価格株価

どんどん下落していったんじゃと

 

まあつまり

これが

バブル崩壊後の景気後退

・・・つうヤツなんじゃ

 

やい!ワラシども

なんとなくわかったかのお?

 

ではのお、次にいくぞ

さてさて

リーマン・ショッ・・・

 

なんつっ亭

ウソじゃウソじゃ!

もうやらんから安心せい・・・

ちょっとだけ

池〇彰氏の真似をしただけじゃよ

クックックッ・・・

 

えーっと・・・そうそう!

 

ある日のことじゃった 

 

いつものとおり

このオバサン

カメのお世話をしておったそうじゃ

 

冷たい水での作業は辛いのお

朝から晩まで

冷えた水に浸かってるんでは

ジジイも切なかろうて

 

さすがにそう思ったオバサン

掃除水換えのタイミングで

去年も使った古いヒーター

どっかから引っ張り出してきおったんじゃ

 

さっそく水張りの前に

だいたいのセッティングしたはいいが

 

カメのジジイゴソゴソするし

かと思えば

ジジイとのコンビ芸がキラリと光る

トンチキ小僧のちまおさんやら

ドスコイやら

ヤカラやら

ヤサグレやら

いろいろな猫っこが現れては

次から次へとやらかして

みんなでなにかと邪魔しおるんじゃと

 

ああ進まねえ進まねえ

仕事がまったく進まねえ

ほんに難儀やのお

 

腰は痛い

腕は上がらない

肩も首も回らない

 

よくもこんなこと

28年もやってきたもんじゃ

 

と、いうよりも!

 

このカメのジジイ

地味に毎年まだまだ育って

またひとまわり大きくなっておるわい

 

てえことはなんだな

 

つまりこのオバサン

加齢でどんどん弱っていくというのに

このジジイはなぜか年々

ますますご達者というわけじゃ

 

なんとまあ

ほんにのお・・・

 

冷えきった暗い廊下で

ガックリと膝を落として這いつくばってる

このオバサンの背中をジーと見て

さすがにこのカメのジジイ

多少の思うところがあったのか

まったく突然

怒涛のポージングを始めおった

 

それがこの写真じゃよ

 

 

f:id:munazouchan48:20181207154225j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207154242j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207154306j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207154325j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207154338j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207154352j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207154412j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207154427j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207154446j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207154500j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207154528j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207154545j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207154558j:image

 

 

しかもこの28年間

一度も見たことねえような

会心の笑みまで

なんと飛び出したそうな!

 

 

f:id:munazouchan48:20181207163920j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207154627j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207154639j:image

 

 

これに気づいたオバサン

咄嗟にすかさず

アイーンパッドとやらで激写したんじゃと

 

それからもしばらく

このジジイのパフォーマンスは

エスカレートして

なかなか止まらんかったそうじゃ

 

 

f:id:munazouchan48:20181207163743j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207163756j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207163810j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207163820j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207163829j:image

 

 

つまりじゃな

このーい長ーいお話はのお

 

 

f:id:munazouchan48:20181207180459j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207180512j:image

 

 

なんでも知ってる賢者のカメ

自分の屁っぽこブログ

すっかりクサっておったオバサン

いちおう気を使って

とってつけたような作り笑い

怪しい決めポーズを披露することで

 

ブログに

ネタを提供するという

ささやかな恩返しをした

 

そういうだけのお話だったんじゃよ

 

とっぴんぱらりのぷうっ 💨

 

 

f:id:munazouchan48:20181207175915j:image

 

f:id:munazouchan48:20181207175932j:image

 

 

もしもあなたがカメならば 2018 冬

 

しばし想像してみてください

 

・・・たとえば

もしもあなたがならば

 

f:id:munazouchan48:20181203113025j:image

 

この世のすべてはあなたのもの

あなたこそが万物の創造主

良いことも悪いことも

もはやなんでもやりたい放題です

 

そうですねえ

わたしだったらどうしましょう

 

とりあえず

自分以外のブログのアクセス数を

一律でちょっとずつ

地味に減らしてやりましょうか

あ、なんなら一律じゃあなくて

ガッツリピンポイントで・・・

 

くすくすくすくすくす

 

・・・では

もしもあなたがカモならば

 

f:id:munazouchan48:20181203113107j:image

 

まあ、鳥の鴨とは限りませんしねえ

もしかしたら

あっちのカモかもかしら?

それはちょっと困りますね

 

・・・それそれまだまだ

もしもあなたが牡蠣な・・・

 

f:id:munazouchan48:20181203113149j:image

 

例えがわかりづらいので

・・・本題に入りましょう

 

もしもあなたがカメならば

・・・そう

 

もし〜もっ

あなったがっ

フフーンフンッフフンッ🎵

というアレですね ← 違うと思うぞ

 

あなたは変温動物の爬虫類

お部屋はつねに

ビッチャビチャ水浸し

 

ズボラな飼い主

水中ヒーターすら入れてもらえずに

迫り来る寒さに怯え

たまのお天気には自力で甲羅干し

 

ゴハンはほぼカリカのみ

メニューはいつもお決まり

テトラレプトミン

ノーマルスーパー

たまに申し訳程度に乾燥川エビ

 

コメット 大エビカメのおやつ 55g

コメット 大エビカメのおやつ 55g

 

 

ゴハンクオリティ

飼い主の気分夕飯次第

ときにはマグロエビが振舞われ

タイやヒラメの舞い踊り

ジジイのカメも思わず狂喜乱舞です

 

・・・そうです

念のためにもう一度言いましょう

 

想像してみてください

 

今のあなたは

28歳のジジイのカメなのです

ご老体の痩せた背中には

いつもいつでもクソ重い甲羅 ← チョイ凹んでます

朝から晩まで

つねに背負い続けなければなりません

 

着脱可能な装備品ではないため

あ、よっこいしょ

背中から外して

横にチョイと置くわけにはいかないのです

 

なんて辛く過酷な日々

まるで拷問としか思えません

このジジイのカメが

いったい何か

前世で罪でも犯したというのでしょうか

 

28歳のカメのジジイ

今日もジッと己が手を見つめては

ふうっとため息をつくのです

 

ああ・・・

こんなに荒れてしまった

 

手だけではありませんよ

 

寄る年波と荒んだ生活で

お肌もカサカサシワシワです

 

いくらお水に浸かっても

なんの保湿効果にもなりません

 

季節は着実に冬に向かって突き進み

やがて北国は

白い雪に包まれることでしょう

 

それなのに水中ヒーターも入れてもらえず

汚れたお部屋の掃除もしてもらえず

水換えもしてもらえず

冷え冷えのお水の中で

寒い寒いと震えながら

ただひたすら

じーっ恨めしげに飼い主を・・・

 

f:id:munazouchan48:20181202162454j:image

 

へ?

 

f:id:munazouchan48:20181202162526j:image

 

はあ?

 

f:id:munazouchan48:20181202162629j:image

 

イヤだなあ、悪口なんか・・・

 

f:id:munazouchan48:20181202162650j:image

 

ヒマだなんてとんでもない!

 

f:id:munazouchan48:20181202162704j:image

 

ああ、忙しい忙しい!

 

f:id:munazouchan48:20181202162721j:image

 

今年は暖冬だって話だよ?

 

f:id:munazouchan48:20181202162748j:image

 

じゃあ、いっそ水から出てれば?

 

f:id:munazouchan48:20181202162810j:image

 

ああ・・・アレねえ

 

・・・そうねえ

ちぇっ

しかたないからやるか

 

ということで

 

ジジイのカメも

冬仕様にチェンジです

 

微に入り細に入り

ジジイの厳しいチェックがはいります

 

f:id:munazouchan48:20181203125324j:image

 

f:id:munazouchan48:20181203125341j:image

 

f:id:munazouchan48:20181203125357j:image

 

f:id:munazouchan48:20181203125411j:image

 

f:id:munazouchan48:20181203125421j:image

 

掃除オッケーじゃな!

 

ヒーター

うむ、よろしい!

 

クックックッ

これで

今夜はポカポカじゃのお

 

f:id:munazouchan48:20181203131257j:image

 

カメのジジイは

すっかりご満悦のご様子です

 

でもねえ・・・

そもそもあなたのお部屋の定位置

エアコンの真下の特等席

いちばん暖かいはずなんですけど?

・・・ねえ?

 

f:id:munazouchan48:20181203144413j:image

 

f:id:munazouchan48:20181203144424j:image

 

あ、そうそう

言い忘れてきましたが

 

そのヒーターのコンセント

まだ入れてませんから!

 

f:id:munazouchan48:20181203131346j:image

 

くすくすくす

 

カメのジジイの28回目の冬

もうすぐ始まろうとしていますが

まだまだこの通りお達者です

 

f:id:munazouchan48:20181203145737j:image

 

f:id:munazouchan48:20181203145750j:image

 

f:id:munazouchan48:20181203145800j:image

 

あいも変わらず繰り返すのは

頭から真っ逆さまの転落人生

 

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

今回もどうやらグネったようです

首の具合も心配なところですが

おそらくそこはカメのジジイのことですから

大いなる老人力

痛みも何も感じないことでしょう

 

どうやらカメの28歳

人間に換算すると

軽く100歳超えだそうです

 

なんの気負いもなく

しれっと生きているように見えて

なかなかどうしてたいしたものです

 

そんなカメのジジイにも

厳しい冬は

もうすぐそこまで来ています

 

f:id:munazouchan48:20181203160601j:image

 

 

勝手に掲載してすみません ↓

イシガメ、クサガメミドリガメなど

一般的な水棲のカメをお知り合いに持つ方は

ちょっと試してみてはいかがでしょうか

kame.huruike.com

 

 

おまけ

いったいこのカメが27歳なのか28歳なのか

正直サッパリわからなくなってしまい

記事によって27歳だったり28歳だったり

行ったり来たりしてしまっていることに

今回やっと気がつきました

 

なにせわたしも

そこそこ長く生きてるババアですので

記憶もすっかり曖昧になっているのです

 

ただどうせそんなこと

誰も興味がないだろうと思いますし

わたしとしても

実にどうでもいいことですので

まあいいか・・・と

過去記事も訂正するのはやめておきますね

 

 

カメ記事たくさんありすぎて大変なので

一部のみピックアップです

カメがお好きな方は

どうぞご自由に検索してみてください ↓

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

munazouchan48.hatenablog.com


munazouchan48.hatenablog.com

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

 

 

イクラ、イクラなのにお蔵入りする

 

北国では毎年秋になると

鮭が産卵のために川を上ってきます

 

もともとは川で生まれた鮭の子どもたち

 

f:id:munazouchan48:20181123174910j:image

 

やがて海に出て

数年間太平洋を回遊したのち

厳しい生存競争を生き抜き

立派に成長して

自由を謳歌していたはずの海を捨て

ふたたび生まれ故郷の川に帰って来るのです

 

f:id:munazouchan48:20181123174412j:image

 

様々な困難を乗り越え命がけで川を上り

そこで産卵し子孫を残すための旅です

※ 鮭の画像はネットからお借りしました

 

・・・ただし

その前に

漁師さんにとっ捕まってしまうので

目的を果たして大往生出来るのは

ほんのひと握りの

強運?な鮭だけかもしれません

 

そしてようやく

わたしのような

ヘッポコ消費者の元へ届くのです

 

そして出会いました

 

最盛期はとうに過ぎたかと思っていましたが

ごくたまに行くスーパーで

見た感じとても新鮮そうな

イキのいい北海道産の腹子を見つけたので

レクリエーションも兼ねて

思いきって購入してしまいました

 

お値段は・・・まあまあいいですが

近年の加工済みイクラは本当にお高いので

どうすっ転んでも

手作りはお得に決まっていますから・・・

 

これを機会に

ニャニャコも新規で作成しました

母が昔ボケる直前に作っていたカードを

いつか使ってやろう

コッソリ財布には隠し持っていたのですが

新規特典に負けて

自分のものもちゃんと作って

一万円チャージ

無事にお会計し

とうとう電子マネーデビューしました

 

Edy機能の付いたカードも持ってはいますが

そちらはまだ

一度も使ったことがありません

 

実家勤務を抜け出してのお買い物でしたので

急いで実家にいったん戻り

きちんと一日勤め上げやっとの思いで帰宅

ネコカメ金魚に晩ご飯を食べさせてから

 

あらためて作業開始です

 

その前に

手作りなんて

素人には大変では?

そうお思いかもしれませんが

 

それがじつは

そうでもないんです

奥さま

 

何を隠そう

わたしには

隠された過去が  ← ちょっと隠しすぎ

 

遠い昔の若い頃

河口に鮭のやな場が出来る季節になると

浜のほうまでわざわざ出かけては

獲れたての鮭を数本買って帰り

当時の実家の台所を

CSI科学捜査班が出動するほどに

飛沫血痕飛び散る凄惨な現場にして

夜どおし解体、加工作業に勤しむという

胸踊る楽しい経験を積んでいたので

 

自慢するわけではありませんが

こんなことはまあ

いわゆるお手の物なのです

 

もちろん当時は

鮭本体を買いに行くついでに

現地のやな場のそばに作られた特設食堂で

鮭のはらこ飯定食を堪能しました

 

こちらは

教育委員会HPよりお借りした

かつてのやな場の漁と賑わいの様子です

 

f:id:munazouchan48:20181123172130j:image

 

f:id:munazouchan48:20181123172204j:image

 

震災で津波にのまれたあの場所が

現在どのくらいまで復興したのかは

ちょっと正直わかりませんでした

 

つまり久しぶりの

イクラとの再会なのです

 

というわけで

このスーパーで購入したふた腹の腹子

今回はあえて醤油漬けではなく

イクラの塩漬け

コチラを手作りすることにしました

 

f:id:munazouchan48:20181123154921j:image

 

なかなかどうして禍々しい形態の

ブツザッと水洗いして 💦

さて・・・

どっから始めようかしら

 

手作りイクラの人気は高いようで

腹子からイクラに加工する過程も

ネットに情報が溢れていますので

そこはホレ

グググッ

ググってしまえばよろしいかと・・・

 

ですので

超ザックリとだけご説明をば・・・

 

   1 熱めのお湯の中で腹子をほぐす

   2 いったんザルにあげて冷たい水で洗う

   3 皮などのゴミが無くなるまで洗い続ける

   4 新しい水に変えながら洗い続ける

   5 ひたすらに洗い続ける

   6 気が済むまで洗い続ける

   7 完膚なきまでに洗い続ける

   8 もうやめようと思っても洗い続ける

   9 いいかげん諦めるまで洗い続ける

10 体が悲鳴をあげたなら諦めてザルにあげる

11 作って冷ましておいた調味液に漬け込む

12 冷蔵庫で数時間漬け込んで馴染ませる

 

まあ

ザッとこんな感じでしょうか

 

わたしは今回

煮切った酒、みりんと塩水で味付けしましたが

市販のタレもあることですし

こちらもそれぞれで

グググッとお願いします

 

以上で

イクラの塩漬けの完成です

 

たいそうな汚れ仕事ですので

作業しながらの撮影は無理でした

 

いきなり完成画像となりますので悪しからず

 

塩漬けはそのままのオレンジ色

とにかくキラキラ美しいので

見た目にこだわるビジュアル系の方には

とかく醤油色に染まる醤油漬けより

おススメしたいと思います

 

ちなみに調味液に漬け込む前は

こんな感じで

洗っているうちに

卵は白っぽくなってしまいます

 


f:id:munazouchan48:20181123155229j:image

f:id:munazouchan48:20181123155226j:image

 

でも大丈夫です

 

浸透圧?の関係なんでしょうか・・・

漬け込めばまた

美しく透きとおった卵に戻ってくれますので

 

それでは

躍動感のあるイクラをどうぞ

 

f:id:munazouchan48:20181123161542j:image

 

f:id:munazouchan48:20181123161631j:image

 

f:id:munazouchan48:20181123161717j:image

 

f:id:munazouchan48:20181123161729j:image

 

嬉しくなって

卵かけご飯にトッピングしたり

釜揚げシラスと大根おろしに散らしてみたり

そんな写真を

ツイツイッとツイートしました

 

f:id:munazouchan48:20181123155413j:image

 

f:id:munazouchan48:20181123155427j:image

 

すると

こちらの粉末調味料に関心を持つ方が現れ

 

f:id:munazouchan48:20181123155451j:image

 

この目新しい粉末醤油

少々持ってかれた感があったのですが

そんな粉末醤油をレビューするのは

ちょっとシャクだったので

とりあえずはやめておきます

よろしければ

どなたかぜひレビューしてください

 

このように

たいへん魅惑的なイクラですが

われわれ中高年のカラダにとっては

少々危険な一面も・・・

 

美味しく昇天したあと

不健康の煉獄に落ちる

 

人の心を惑わし

持ち主に死をもたらすという

呪いのホープダイヤモンド

ならぬ

中高年のカラダを蝕む

恐怖のブラッディルビー

とでも名付けましょうか

  ↑ くすくす、なんかダサいですわねえ

 

じつは

いろいろ調べていてわかったのですが

 

どうやら近年では

イクラなどの魚卵に関して

コレステロールプリン体を心配するよりも

むしろ

アスタキサンチンDHAEPAを含む

良質のたんぱく質として

すっかり見直されているようです

 

ですので

そんなに恐れたり躊躇することなく

美味しくいただくことにいたしましょう

 

じつはこの数日後には

秋田県のコレまた素晴らしい

鮮度の良い腹子を見つけてしまい

今度は醤油漬け

800グラムほど作成してしまいました

 

f:id:munazouchan48:20181123160536j:image

 

もともとただ作りたいだけで

わたしはそんなに食べるほうではないので

実家に持って行ったあと

残りは全部

きちんと密閉して冷凍保存処理しました

つまり

しばしの間ですがお蔵入りなのです

 


f:id:munazouchan48:20181123155809j:image

f:id:munazouchan48:20181123155812j:image

 

縁あってわたしのところに

はるばるやって来た鮭の卵たち

 

たどり着いた河口で

悪徳密漁者に狙われたり

無残に卵だけを取り出され

反社会勢力団体の

闇の資金源にされたり

 

はたまた

冬眠前の熊の腹を満たしてあげたり

  ↑ これは完全にアリですけども

 


ヒグマ(子熊)のサケ漁 Brown Bear(Baby)

 

あなたたちは

残念ながら鮭にはなれませんでしたが

美味しい手作りイクラとなって

われわれの心を幸せにしてくれていますよ

 

どうか年末年始のご馳走として

ひと月後には

優しく丁寧に解凍してあげますから

復活を遂げるその日まで

心静かに深い眠りに就いてくださいね

 

・・・ん?

 

f:id:munazouchan48:20181123170207j:image

 

ああっ!

 

f:id:munazouchan48:20181123135353j:image

 

 

 

紅葉怪獣出現と美味しいお蕎麦、そしてあれから三年

 

山々や木々が真っ赤に色づく季節

わたしもフラリと旅に出ました

 

女ひとりみちのく旅です

 

澄んだ空気の青空に

紅く染まった木々が

美しく映えるこの季節

 

こんな時はこの歌を思い出します

 


燃える秋 / ハイファイセット

 

映画化されたものは観ていませんが

原作となった小説はずっと前に読みました

 

燃える秋 (講談社文庫)

燃える秋 (講談社文庫)

 

 

美しいヒロインが

人生を見つめなおすために

外国へと旅に出るという

五木寛之渡辺淳一宮本輝連城三紀彦

かつて好きだったあのジャンルです

 

てっきり

こちらだと思った方はすみません

 


みちのくひとり旅 山本譲二

 

せっかくですので

元高校球児で売り出した頃の

若かりしジョージ山本もどうぞ

 

あ、先ほどのひとり旅は

真っ赤なウソですが

家でひとり

突然芸術に目覚めたわたしは

自家製イクラ画像の上に

あははははははーとおふざけで

ガサガサと色を塗ってみました

 


f:id:munazouchan48:20181116132420j:image

f:id:munazouchan48:20181116133150j:image

 

あれ?

紅葉に見えるかも?

 

たいそう美や芸術にうるさい

ある知り合いに見てもらったところ

たいへん

渋く苦々しい反応でしたので

 

こりゃ

下手クソすぎるんだな

 

そう薄々感づいてはいたのですが

つい諦めきれずに

美的センスゼロで有名な

あの次女姉に確認してみました

 

そのやりとりがこちらです ↓

 

f:id:munazouchan48:20181116132728j:image

f:id:munazouchan48:20181116132740j:image

 

つまり要するに

こういうことなのですね

 


f:id:munazouchan48:20181116133720j:image

f:id:munazouchan48:20181116132514j:image

 

紅葉というよりは

完全にあのウルトラ怪獣寄りだと!

 

次女姉ったら上手いこと言いましたね

 

まあまあ

わたしもこれには納得です

 

ちなみに

長女姉へも問いかけてみました ↓

 

f:id:munazouchan48:20181117112514j:image

f:id:munazouchan48:20181117105834j:image

f:id:munazouchan48:20181117105848j:image

 

ふむふむ

次女姉に比べてしごく真っ当な意見

なんとも長女姉らしいですね

 

本当は

ここのところガチで凝っている

手作りイクラ漬けについて

記事にするつもりでしたが

なんだかいろいろすっ飛んで

どうでもよくなってしまったので

イクラ関連の記事は次に持ち越そうと思います

 

しかも

今週のお題「紅葉」で書き始めたはずが

おかしなことで手間取ってるうちに

今週のお題「読書の秋」

いつのまにか変わってしまっていました

 

ホント

絵が下手クソで

すみませんでした

 

なんちゃって!

わたしは謝ったりしませんよ

下手クソは絵を描いちゃあダメ!なんて

そんな厳しい法律は

今のところ日本にありませんからね・・・

 

ふうっ

ひとり遊びにも飽きてしまいました

 

世間は紅葉狩りの季節とはいえ

時間もない

お金もない

一緒に行く相手もいない

そんな三重苦のため

すっかりクサッていたわたし

 

しかたないので

この次女姉と先日

お蕎麦を食べに出かけてきました

 

馴染みの電気屋さんから

展示会の招待状をいただいたので

会場に車を停めるついでに

そこからほど近い

いつもの

お蕎麦やさんへ行こう

そういうことになったのです

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

数分歩いてお蕎麦屋さんに到着です

 

この日は姉が運転手でしたので

まずは一杯・・・

飛露喜の吟醸

ちびちびとやりながらお蕎麦を待ちます

 

f:id:munazouchan48:20181114201208j:image

 

お蕎麦が来る前に

つい飲み干してしまわないよう

気を使いながら・・・

 

わたしは天ざる

 

f:id:munazouchan48:20181114201146j:image

 

姉は

大根たっぷりのぶっかけ蕎麦

単品で天ぷら追加です

 

f:id:munazouchan48:20181114201517j:image

 

あ、写真撮る?

言ってくれたのはいいものの

メインキャラの海老天

いきなりつゆに放り込むあたりが

やはりガサツな次女姉らしいですね

 

ああ、美味しかった・・・

ちなみに

お酒以外は奢っていただきました

 

お蕎麦のあとで

展示会にもいちおう顔を出しましたが

特に電化製品の購入予定もなかったので

 

特設コーナーで売っていた

柳津のあわまんじゅう

お野菜出張販売の

ネギとキャベツを買って

馴染みの電気屋さんの次男坊から

来場記念のボックスティッシュ

ふたりでちゃっかり10箱もらって帰りました

 

本当の目的は

お蕎麦だったんですけどね

くすくすくすくす

 

運転手付きのレクサスに送ってもらい

ほろ酔いで帰宅して

ネコ一匹一匹に帰宅の挨拶をしました

 

あ、そういえば

 

前日の11月10日は

やんちゃんの命日でした

f:id:munazouchan48:20181117151155j:image

もう三年ですのでお花も買いませんが・・・

 

f:id:munazouchan48:20181117125650j:image

 

そんなもの飾ったところで

どうせすぐさま

おかしな悪いネコちゃんたちが飛んできて

齧ったり倒したり

とうてい

無事で済むはずがありませんからね

 

f:id:munazouchan48:20181117125626j:image

 

そうそう

やんちゃんの仏前にも

ご挨拶しておきましょうかね

 

ねえ、やんちゃん

 

f:id:munazouchan48:20181117125928j:image

 

あなたがこのウチからいなくなって

もう三年経ち

わたしはこんな風ですが

そこそこ忙しく生きていますよ

 

実家の年寄りはヨタヨタ

ウチは朝から晩までバタバタです

 

あなたも知ってるネコのみなさんたち

毎日毎日いろいろやらかしてくれますし

おかげであなたがいなくても

そんなに寂しくはありません

 

せっかくですので

みなさんの近況を伝えておきますね

 

でっかいチビちゃん

おそるべき勢いで今も太り続けています

すごいでしょう?

あと本人はいつもいたってご機嫌ですが

お腹がちょっとハゲて赤いんですよ

 

f:id:munazouchan48:20181117125947j:image

 

若者だったおにい君

すっかりオッさんになりましたが

それはそれは

とても優しく素敵なオッさんです

 

f:id:munazouchan48:20181117131826j:image

 

f:id:munazouchan48:20181117143655j:image

 

あんこまめ姉妹

ともに美しく?成長しました

ただし

あんこちゃんドスコイ

おまめちゃんとんだヤカラですが

 

f:id:munazouchan48:20181117130217j:image

 

ごま子は今もあのまんま

ネコのみなさんとは大の仲良しなのに

わたしにはとても厳しく批判的です

あなたもよく知ってるように

ひどく年寄りだったあなた

いつも気遣って一番優しくしてたのは

じつはあの子でしたよね

 

f:id:munazouchan48:20181117130712j:image

 

f:id:munazouchan48:20181117135753j:image

 

えーっと・・・

 

デビちま兄妹も知ってましたよね

ほんの数ヶ月でしたが

たしかに一緒に暮らしていたはず

デビちゃんは頭も良いし可愛いし

わたしがついつい依怙贔屓してしまうので

おまめちゃんが悔しがってもう大変なのです

ちまおさんは・・・

とりあえず元気いっぱいですので

そういうことで

・・・まあいいでしょう

せっかく展示会で買ったあわまんじゅう

ちょっと食べられてしまいました

さてさて

犯人はどっちでしょうねえ

 

f:id:munazouchan48:20181117130449j:image

 

要するにみんな相変わらずです

 

こんな感じでどうですか?

 

あなたとふたりきり

前の小さなアパートから引っ越して

この部屋で暮らし始めたあの頃

一緒に思い描いていたはずの今とは

なんとなくちょっと

違ってはしまったかもしれませんが

 

わたしは

なんとかやっていますから

 

どうかネコのみなさんたち

あなたのように

年寄りになるまで

たいした病気もせず

このまま変わらず

バカでのんきに暮らせるよう

 

f:id:munazouchan48:20181117143720j:image

 

あの世からどうかよろしく

ご指導ご鞭撻お願いします

f:id:munazouchan48:20181117151736j:image

munazouchan48.hatenablog.com

 

・・・それと

たとえ下手でも

絵は描いていいですよね

f:id:munazouchan48:20181117152327j:image

 

 

 

でっかいチビちゃん、デブのワクチンを打ちに行く

 

わが家のネコたちのワクチンシーズンは

毎年秋から冬にかけて到来します

 

なぜかというと

この季節なら

ネコたちをどんなに車で連れ回しても

灼熱の車内でグッタリさせることもないですし

というよりは

わたし自身がただ暑いのがイヤなので・・・

 

重量級のデブ猫を連れての

真夏の通院は

それはそれは大変ですからね・・・

 

munazouchan48.hatenablog.com

munazouchan48.hatenablog.com

munazouchan48.hatenablog.com

munazouchan48.hatenablog.com

  

つまり要するに

ネコがではなくて

わたしがグッタリしてしまうんですね

 

今年の記念すべきワクチン第1号

でっかいチビちゃんでした

 


f:id:munazouchan48:20181108113235j:image

f:id:munazouchan48:20181108113231j:image

 

本当はおにい君のほうが

先に接種予定日が来ていたのですが

  

munazouchan48.hatenablog.com

  

この敏感かつ繊細なオトコは気配を察し

つるりぬるりと逃げ回ってしまうので

さってばさで 

  ↑  日本語訳 「さっさと素早く」

キャリーケースに押し込むことなんか

とてもとても出来ないのです

 

しかも

ムダにデカいですしね

 

f:id:munazouchan48:20181108114405j:image

 

f:id:munazouchan48:20181108114422j:image

 

f:id:munazouchan48:20181108114433j:image

 

f:id:munazouchan48:20181108114444j:image

 

なので

いとも簡単に捕獲できるこのお方

でっかいチビちゃんから

まずは

やっつけてしまおうというわけなのです

 

8月に大騒ぎした肌トラブル

経過は一進一退で完治とはほど遠い状態

 

f:id:munazouchan48:20181108123235j:image

 


f:id:munazouchan48:20181108123333j:image

f:id:munazouchan48:20181108123359j:image

 

ハゲはハゲのまま

赤っ腹は赤っ腹のまま

 

本人はいたって普通に元気で毎日ご機嫌

 

あんなデブ猫とは思えないほど

高く高くジャンプしますし

若手と一緒にドスドス走って

それはそれは楽しそうです

 

そんな風ですので

まあわたしも

さほど心配はしていないのですが

いちおう

再診も兼ねての第1号ワクチンなのです

 

ワクチン前夜のやりとりです

ちなみに

でっかいチビちゃんのセリフを読む際は

とても甲高いカワイイ声でお願いします

 

f:id:munazouchan48:20181108121143j:image

 

f:id:munazouchan48:20181108121242j:image

 

ねえねえ

でっかいチビちゃんさあ

 

f:id:munazouchan48:20181108122344j:image

 

明日お注射行ってくれる?

 

f:id:munazouchan48:20181108122615j:image

 

やっぱり

トップバッターは親方でないとねえ

 

f:id:munazouchan48:20181108122633j:image

 

だってホラ!

まだお腹も赤いしさ

いつもの先生に診てもらおうよ

 

f:id:munazouchan48:20181108122658j:image

 

そう言わないでよ・・・

 

f:id:munazouchan48:20181108122451j:image

 

ねえってばさあ!

 

f:id:munazouchan48:20181108122425j:image

 

・・・・・

 

さて翌日

もちろん強制連行です

 

はいはい

床で転がってる場合ではありませんよ!

 

ごく一部の選ばれしデブしか

打つことを許されないという幻のワクチン

さあアレ

打ちに出かけようではないですか ← ウソ

 

っこいしょっ!

・・・重っ

 

そんなこんなで

 


f:id:munazouchan48:20181108133719j:image

f:id:munazouchan48:20181108133748j:image

 

f:id:munazouchan48:20181108133807j:image

 

ちょい小さめのキャリーケースに

むぎゅうっと押し込み

くそ黒ラパンで10分走ればすぐ到着です

かかりつけの病院が近いって

ホント

なにかと助かりますね

 

あとはいつも通りのやりとりを経て

診察室へ

 

あははー

やあ、チビちゃんだね

じゃあワクチン打とうかな

 

みんなニコニコしています

きっとチビちゃんが可愛いからですね

 

うふふふふ

わたしもなんだか嬉しいです

 

へ?違う?

デブで面白いから?

 

ふーん

ま、いいでしょう

 

さ、先生、お願いします

 

f:id:munazouchan48:20181108133916j:image

 

f:id:munazouchan48:20181108133930j:image

 

f:id:munazouchan48:20181108133942j:image

 

f:id:munazouchan48:20181108133955j:image

 

f:id:munazouchan48:20181108134009j:image

 

f:id:munazouchan48:20181108134020j:image

 

f:id:munazouchan48:20181108134034j:image

 

これでおしま・・・

おっといけねえ!

 

もちろんお腹の赤みが引かないことも

先生に相談してみなくては!

 

うーん

他に原因があるのかなあ

 

ぎくうっ!

 

えーっと本人は

あまり気にしてないみたいなんですけど・・・

 

ちょっとお尻が気になるなあ

 

なんですと?

こんデブの尻が

どげんか

したとですか?

 

思わず焦って南国の方言も飛び出します

 

ちょっと汚れてるし

絞ってみようかね

それ!

ぎううーーっ

 

・・・あっ!

結局

でっかいチビちゃんは

肛門腺を思いっきり絞り上げられ

先生にひいひい泣かされたのでした

 

f:id:munazouchan48:20181108134119j:image

 

なんだかよくはわかりませんが

そういうことも

原因になることがあるそうです

 

そのとき

先生が凄いことをおっしゃいました

 

ただ

毛を生やすだけの薬なら

あるんだけどねえ

 

そんな画期的なお薬があるなんて・・・

喉から手が出るほど欲しい人間

きっとたくさんいるのでは?

 

かくいうわたしも

ちょっと欲しいな

・・・思いました

 

あれから2週間ほどたちますが

でっかいチビちゃんのお腹は

まだまだ赤くて

毛もやっとうっすら生えてきた程度です

 

f:id:munazouchan48:20181108123640j:image

 

でも

じつのことを言うとわたし・・・

でっかいチビちゃんと添い寝しながら

この短く毛が生え始めた状態のお腹を

サワサワとさすりながら

眠りに落ちるのが

なによりも幸せだったりするのです

 

あのお腹って

夜の寝入りばなは

ちょっと

ヒンヤリ気持ちいいですし

朝の目覚めは

ぽおぽおにあったかいのです

 

f:id:munazouchan48:20181108134424j:image

 

毛が生えて欲しいような

まだまだこのまま

さわさわさすさす

楽しみたいような・・・

 

ちなみに去年のワクチン接種はこちら

 

munazouchan48.hatenablog.com

  

絵面はほぼ一緒ですが

決して使い回しではありません

 

・・・さてさて

つぎのワクチンは

誰と一緒に行こうかな?

 

 

 

暗黒大魔王、ここに降臨する

 

これは先週の姉妹間LINEでの会話です

 

わたしはこれまでも

特にネタに困ったときなど

こういった会話を記事にしてきました

 

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

munazouchan48.hatenablog.com

  

munazouchan48.hatenablog.com

 

 

たびたび登場する

長女姉次女姉ですが

 

どちらかというと

近場にいて関わりが強いということもあり

これまでは

次女姉イジリ倒すことが

圧倒的に多かったように思います

 

しかも

なんせこの次女姉

SNSなど一切興味のない人間であり

何を記事にしても

文句を言われる心配がないときたもんです

 

ですから

 

ブログに何を書こうが

Twitterで何を呟こうが

わたしのやりたい放題!

 

くすくすくすくす

 

そんなこんなで

ついつい

次女姉のことを悪者扱いしがちでした

 

一方で埼玉在住の長女姉ですが

こちらは

当ブログの存在を知っているので

わたしとしてはやり辛いことこの上なく

しかも時々覗いて星を付けるという

油断も隙もない手強い相手です

 

そんな姉たちなんですが・・・

 

これまでの両者の扱い

果たしてそれは

正しかったのだろうか?

じつはわたしは

重要な真実から

目をそらしているのでは

ないのだろうか?

 

そう思わずにはいられない

衝撃のLINE会話がここに存在するのです

 

まあ

しのごの言っても

しかたありませんし

 

みなさまの

曇りなき澄んだ眼

とりあえず読んでいただき

 

本当のワルは誰なのか

 

その上でしかと

判断していただけたらこれ幸いです

 

ここに貼り付けたのは一部抜粋ですので

いちおう経緯を以下に説明いたします

 

11月6日火曜日

父の総合病院通院に関する打ち合わせで

わたしは次女姉と会話をしていました

 

診察予約時間が9時と早いこと

 

介護タクシー

8時20分でしか予約が取れなかったこと

 

長女姉が前日帰省して父に付き添うこと

 

ヘルパーさんに早めに来てもらうこと

 

そもそもその時間に予約をしたのは長女姉

それにもかかわらず不満を漏らしていること

 

6時に実家へ手伝いに来い

このわたしに言っていること

 

などなどの流れで

この会話となったことを

ぜひ念頭において

以下の添付画像をご覧ください

 

 

f:id:munazouchan48:20181104131702j:image

 

f:id:munazouchan48:20181104125028j:image

f:id:munazouchan48:20181104125741j:image

f:id:munazouchan48:20181104125059j:image

f:id:munazouchan48:20181104125115j:image

f:id:munazouchan48:20181104125124j:image

 

 

いかがでしょうか?

 

ジャッジ

みなさまの良心にお任せいたします

 

ちなみにわたしは

6時になんか

絶対に行くもんか!

そう心に決めております

 

そうそう

こんなツイートもしていました・・・

くすくす

 

 

f:id:munazouchan48:20181104152215j:image

f:id:munazouchan48:20181104152244j:image

f:id:munazouchan48:20181104152257j:image

 

 

ん?なんだね?

ちまおさん・・・

 

f:id:munazouchan48:20181104153251j:image

 

そりゃそうでしょうねえ・・・

 

ちまおさんには

わかりませんよねえ

 

 

 

ハロウィンが過去を連れてやってきた

今週のお題「ハロウィン」

 

今日はハロウィンです

 

確かわたしの記憶では

 

ハロウィンとは縁もゆかりもない

とあるアジアの片隅で

その趣旨由来も分からぬまま

若い人たちだけならまだしも

さほど若くもない人たちまでもが

入り乱れて街へ繰り出し

とかくセンスのない扮装をして

世間の失笑を買い

数年後になって

かつて投稿した動画や画像を見ては

猛烈に後悔する

 

あ、この説明で

だいたい合ってるんですよね

 

ただし首都圏限定なんでしょうか

 

東北以北

この時期の夜はもう寒いし寂しいし

夜間の外出なんて考えただけでも億劫で

夜は暖かい家の中で

太った猫たちとぬくぬくしているほうが

・・・ずっと利口ですね

 

去年のわたし

なぜかやる気に満ちていたため

 

一日中猫たちを追いかけ回して

おかしな写真を撮り

ハロウィンと称したそれっぽい記事を

前後三日間連続で更新していました

 

できれば今年も

チャレンジしたかったのですが

わたしも太った猫たちも日々に追われ

この一年で

すっかり老け込んでしまったため

泣く泣く諦めることに・・・

 

それでもゆうべ

ちょっとは努力してはみたのですが

 

協力者として唯一の頼みの綱だった

でっかいチビちゃん

えらくご機嫌斜めでいらしたため

撮る写真すべてピントも甘く

表情もこんな具合なので

 

f:id:munazouchan48:20181031182426j:image

 

f:id:munazouchan48:20181031185007j:image

 

f:id:munazouchan48:20181031182302j:image

 

f:id:munazouchan48:20181031182343j:image

 

f:id:munazouchan48:20181031182357j:image

 

これではまるで

内山信二くんが猫の仮装をして

ただカボチャをかぶっているようです

 

f:id:munazouchan48:20181031182701j:image

 

f:id:munazouchan48:20181031182713j:image

 

f:id:munazouchan48:20181031182722j:image

 

f:id:munazouchan48:20181031182738j:image

 

f:id:munazouchan48:20181031182752j:image

 

f:id:munazouchan48:20181031182808j:image

 

f:id:munazouchan48:20181031184717j:image

 

f:id:munazouchan48:20181031182837j:image

 

しかたがないので

ハロウィン過去記事まとめ

そういうことで手を打つことになりました

 

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

 

ちなみにタイトルは

コチラをもじらせていただきました

 

えーっと・・・

 

レイ・チャールズ

 


SUNTORY★CM★Ray Charles レイ・チャールズ - Ellie My Love (いとしのエリー)

 

・・・じゃなくて  ← こんなCMありましたね

 

レイ・パーカー・ジュニア

 


Ray Parker Jr. - Ghostbusters

 

・・・でもなくて  ← ハロウィンですからね

 

レイ・ミステリオ・ジュニア

 

f:id:munazouchan48:20181031125229j:image

 

・・・なんかじゃなくて  ← ふふっ誰でしょうね

 

・・・そうそう!

 

もちろん

レイはレイでも

レイ・ブラッドベリです

 

この季節に読む

ブラッドベリキング

それが

わたしのひそかな楽しみなのです

 

ハロウィーンがやってきた (ベスト版 文学のおくりもの)

ハロウィーンがやってきた (ベスト版 文学のおくりもの)

 

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

彼らの小説にどっぷり浸かることで

本場のハロウィン

ひんやりした秋の空気

そもそもの夜の恐ろしさ

そういうものを

疑似体験できる気がするのです

 

みなさんも

せめてハロウィンの夜くらい

 

静かに物思いにふけったり

好きな音楽を聴いたりして

 

お気に入りのお酒でも飲みながら

過ごしてみてはいかがでしょうか

 

そういえば

 

レイ・チャールズをググっていて

先ほどの

サントリーのCM動画を見つけたわけですが

 

サントリーといえば

 

かつてバブルがはじけるまでは

莫大なギャラを支払って

海外のビッグスターを起用して製作された

さまざまな

洋酒のCMがいつも話題になりました

 

なかには名作として

今も語り継がれているものも少なくありません

 

 


サントリー CM集

 

 

ちなみにわたしは

あまり大きな声では

言いたくないのですが

 

むかしむかし

サントリーリザーブのシリーズCMを観て

 

ミッキー・ロークって

超イケてんじゃん!

 

・・・そう思っていました

 

ちょうど映画も

ナインハーフが大ヒットでしたし

もちろんレンタルして

三人姉妹で固唾を飲んで観たものでした

 

ナインハーフ[Blu-ray]

ナインハーフ[Blu-ray]

 

  

近所の酒屋の婆さんから

彼のリザーブの巨大ポスターを頂いた時は

うひょおーっ!

わたしは浮かれて小躍りもしました

 

それなのに・・・

 

まさか数十年後

あんな

トンデモおじさん

変わり果てるなんて・・・

 

人間わからないものですねえ

もちろん現在のネット画像を探して

ここに貼り付ける気になんかとてもなれません

 

せっかく久しぶりに会えた美しい姿ですしね

その記憶だけをとどめたいと思うのです

 

 

f:id:munazouchan48:20181031160907j:image

 

 


サントリー リザーブ - ミッキー・ローク

 

 

独特のニヒルな笑みを浮かべて

琥珀色のグラスを傾けていた彼は

本当に素敵だったというのに

 

まったくこの事態を

誰が予測できたことでしょう

 

・・・ふうっ💨

 

そして

まさかいま自分がひとり

毎晩のように猫を相手

当時はあまり得意でなくて憧れだった洋酒

 

リザーブだろうが

VSOPだろうが

もはやなんでもござれ

 

そんな夜

過ごしているなんて・・・

 

人生はハロウィンよりも

よほど謎に満ちているようなのです

 

 

 

ただぎうっとチミを抱きしめるのだ

 

最近楽しいこともあまりないので

ウチの猫の悪口を言って

ちょっとだけスカッとしてやろうと思います

 

今日のターゲットは

誰にしようかな・・・

 

よし決めた!

あの 犬っぽい猫 にしよう

 

つまりまあ

そういう時に相手になってくれるのは

いつだって

ちまおさんに決まってるんですけど

 

f:id:munazouchan48:20181029161810j:image

 

ちまおさんがわたしに彷彿とさせる犬は

犬は犬でもある特別な犬です

 

ちょっと茶がかった香ばしい毛色

無駄にキラキラ輝く瞳

何にでもグイグイ興味を持つわりには

あっという間に飽きる性格

 

ちまおさんの良いところも悪いところも

昔々に愛してやまなかった雑種犬

オシッコちびりのチビルくん

そのまんまです

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

そして

たいへん残念なことではあるのですが

この2匹が似かよっているのは

それだけではありません

 

正直なところ

ちょっと・・・いや、かなり

猫のちまおさん

犬のチビルくん

たいそう

ハイレベルなおバカさんなのです

 

このちまおさん

 

とにかく落ち着きがなく

全力で駆け寄って来たかと思えば

何もないところで見えない何かにつまずいて

滑って転んで大泣きしては

わたしにしがみついて

顔を見上げて熱心に訴えかけてきます

 

かあさんの

クソばかババアめっ!

もっとボクを

可愛がらなきゃダメなのさ!

 

・・・ホント、失礼な小僧ですね

そもそも

こんなに可愛がってあげてるというのに

 

このちまおさんは

いわゆる

ちょろ助というヤツです

今では

こんな呼び方はしないでしょうが・・・

 

もし彼が人間だったとしたら

  ↑  イヌの次は人間か・・・かなり病んでますね

 

間違いなく小学校時代には

特別席と称して

教壇の真ん前に机をペッタリくっつけられ

つねに先生にイジられては

どデカい三角定規

超長い直線定規

グイグイツンツンつつかれるという

 

昭和のマンガのキャラクターそのまんま

 

f:id:munazouchan48:20181029154153j:image

 ↑   注  少年A及びBはあくまでイメージです

 

けれども

とんだバカにもかかわらず

学校やクラスの誰からも愛される人気者

そして永遠の小学3年生

 

それが

このちまおさんなのです

 

我ながらなかなかに的を得た表現・・・

 

教師用の巨大分度器 

頭をペチペチされてる姿が眼に浮かぶようです

 

当時の先生は

みんな大胆に任務を遂行していました

今ではこんなことしたら

 

やれ教師による暴力だー!

やれ不登校の原因だー!

 

・・・言われちゃいますがね

 

それでも昔のちょろ助たち

メゲずに相変わらずヘラヘラしてたもんです

それはそれは毎日楽しく登校していました

 

たとえどんなに

ペチペチツンツンされようとも!

 

教師用三角定規 134-605

教師用三角定規 134-605

 

 

 

どうですか?

 

彼の味わい深さが

少しはおわかりいただけたでしょうか?

 

・・・そうですか

それならなによりです

 

ご覧くださいな

 

f:id:munazouchan48:20181029152908j:image

 

なかなかのハンサムボーイでしょう?

  ↑  うふふ・・古臭っ

 

ねっ?

バカだけど

可愛くて放っておけない男

そういうタイプっていますよね  くすくす

 

f:id:munazouchan48:20181029134843j:image

  ↑  もちろんネット画像です

 

あ、またやってしまいました

そろそろジャスティサイドから

なにがしかのアプローチがあっても良い頃です

 

ハリウッドのみなさん

ご連絡お待ちしております

 

どうかこのまま

キリッとお澄まししたまま

しばしの間でも

黙ってじっとしていてくれたなら

ハリウッド垂涎もの

なかなかよろしいキジトラ君です

 

よく食べ

よく遊び

よく眠り

 

ヘラヘラのほほん

やりたい放題に過ごした結果

わたしの愛を全身全霊受け止めて

彼はこんな子に育ったのです

 

f:id:munazouchan48:20181029154730j:image

 

そんなちまおさんですが

 

同腹の生き残り組のデビちゃん共々

チビの頃はこんなでした

とても丸々と健康そうです

生後どのくらいの写真でしょうか・・・

 

f:id:munazouchan48:20181029140022j:image

 

ところがなぜかこの2匹

あれよあれよという間に

しだいにしなしなと萎びはじめ

一時はもはや駄目かと思うほどでした

 

f:id:munazouchan48:20181029140124j:image

 

それがいまや

チビだったちょろ助

立派な大人のちょろ助になりました

おお・・・

ありがたやありがたや

 

f:id:munazouchan48:20181029162326j:image

 

f:id:munazouchan48:20181029162336j:image

 

トンチキ犬のチビルくんとは

長く一緒にいられませんでしたが

 

ねえ、ちまおさん?

 

ちょっとくらいバカでもウザくても

 

たとえ近づいただけで

女性陣にきゃあきゃあ逃げられて

バッシバシ叩かれても

 

 

かあさんはキミの味方です

 

ですからたとえ

かあさんが

キミを大きな声で叱っても

 

それはあくまで

ただそれだけのこと

 

かあさんは

キミが大好きなのです

 

だからただただ

ぎうっと抱きしめるのですよ

ちょろ助坊主のお母さんたち

みんながやってるに違いないように

 

さあさあ

ちまおさんよ苦しゅうないぞ

近う寄れ・・・

 

どれどれ今日も

さっそくぎうっとしようかね

ぎうううーーっ

 

痛い痛い痛いっ!

このクソばかババア

離せ離せ離せーーっ!

ガブリッ💥

 

・・・この気持ち

チミにちゃんと伝わっていると

いいんですけどねえ・・・

 

 

f:id:munazouchan48:20181029153012j:image

 

f:id:munazouchan48:20181029153026j:image

 

f:id:munazouchan48:20181029153038j:image

 

f:id:munazouchan48:20181029153054j:image

 

f:id:munazouchan48:20181029153106j:image

 

f:id:munazouchan48:20181029153117j:image

 

f:id:munazouchan48:20181029153132j:image

 

f:id:munazouchan48:20181029153230j:image

 

 

 

似たもの親子

 

f:id:munazouchan48:20181026201148j:image

 

f:id:munazouchan48:20181026201210j:image

 

f:id:munazouchan48:20181026201244j:image

 

 

若くてオシャレなお母さんが

男の子を外で遊ばせていました

 

場所は実家の前の広めの私道です

 

沿道には

住宅三軒とアパートが建っているのみで

向かい側は大きな畑駐車場になっています

 

子供が遊んでも危険は少ない場所と言えます

 

自転車で遊んでいるふたりは

あまり見かけたことがありませんが

実家の隣のアパートの住人で

最近になって親子で越してきたようです

 

男の子は幼稚園の年長さんくらいでしょうか

覚えたての自転車が楽しくてしかたない様子

 

玄関の横の小さい窓を少し開けてあるので

シュンシュンシュンシュン 💨

何度も何度も

坊主が風を切って横切る気配がしています

 

どえらい

無鉄砲な飛ばし屋です

 

若いママさんも元気いっぱいですね

大きな声で坊主を呼んでいます

 

ん?

呼んでる・・・?

それにしては語気が荒いぞ

 

・・・違いました

どうやらこれは叱っているようです

 

コラァーーっ!

危ないから

スピード出すなっ!

 

おっ!その通り!

いいぞ!若いママさん!

 

ヘルメットをかぶっているならまだしも

素のままの頭では

転んだときのダメージたるや甚大ですからね

 

最近の風潮では

叱らない親たちも多いようですから

このくらい勢いのある叱り方を聞くと

スカッとしてかえって好感が持てます

 

しかしこの坊主

ママさんの意に反して

誰もいないのにベルを鳴らしまくりながら

ヘラヘラしたまま走り続けています

 

ぜんっぜん

言うこと聞いてないな

なかなか強気な坊主めっ

 

そう思わないこともなかったのですが

 

まあね

子供なんて動物は

所詮はそんなもんか・・・

 

別に転んで泣いても

わたしのせいではないですからね

 

やがて遊ぶ場所を変えたのか

坊主の爆走自転車から響いていた

ガラガラキキーッ!

まったく聞こえなくなり

 

再び静かな午後が戻ってきました

 

何を隠そうこのわたし

窓を思いきりガッ!と開けて

 

うるせえぞ!小僧!

 

そう叫ぶくらいのことは

まったく躊躇することなく実行する人間ですが

 

おそらくこの場合

 

向こうのママさんも

相当なアレっぽいことですし 元ヤ〇キー

血で血を洗う抗争の勃発は避けたいところです

 

どれ・・・

坊主のいない今のうちに

ゴミ捨て場の

カラス除けネット

取り込んでおくか・・・

 

母がボケ出した頃

隣と奥の二軒に押し付けられたまま

今でもウチだけが担当させられているのが

ゴミ捨て場の管理です

 

母が亡くなったあかつきには

 

隣と奥の親父たちを

緑色のカラス除けネット

一網打尽に捕獲して

ゴミ捨て場担当オヤジとして

無理やりご近所デビューさせ

 

いいかげんなゴミの捨て方をされる

どんなに迷惑かということを

ぜひ思い知らせてやろうと思っています

 

なんせ

デイの送迎車にまで悪態つくような

とんでもないオヤジたちですものね

数年後には

自分たちも必ずお世話になるに決まってるのに

・・・くすくすくす

 

で、

なんの話でしたっけ?

 

そうそう!

ネットを取り込むクダリでしたね

 

かがんでカラス除けネットを拾い上げ

やおら振り返ったところで

激走!自転車坊主

母親の元ヤンの急襲を受け

 

ちょっ、あぶねっ!

 

わたしの野生動物のような反射神経

坊主の高度なブレーキング技術により

衝突はなんとかまぬがれたものの

とっさの叫びは抑えきれず

 

・・・元ヤン母ちゃんの耳にも

もれなく届いてしまったようです

 

だから

言ったでしょうがっ

危ないって!

ホラ見な!怒られたっ

 

坊主は相変わらず

ヘラヘラしながら猛スピードで戻っていきます

 

あ、ダイジョブでーす

 

だってぶつかったわけではないですからね

 

いえっ!

ウチのが悪いんでっ!

 

まあまあ、その通りですけど・・・

 

そして

当の坊主はまったくへこむ様子もないまま

爆走のまま自転車で走り去り

ママさんは坊主を叱りながら追いかけて

親子はまた通りをどこかへ行ってしまいました

 

その数時間後

コンビニで買い物をして帰る途中

またこの親子を見かけましたが

さっきのまんまのふたりでした

 

以上

 

ごめんなさい

くらいは言おうよ・・ねえ?

 

・・・というお話でした

 

そういえば

 

あの元ヤン母さん

怒鳴りながらちょろ助坊主を追いかけた通りは

このあいだ

わたしが同じように怒って叫びながら

徘徊する小ボケの母を走って追いかけた

同じあの道路です

 

怒りのあまり我を忘れ

体裁や世間体を

気にする余裕など無い状態

 

あの時のわたしと状況はよく似ています

 

でも

いいではないですか

 

周囲の目を気にして

子供のことすら走って追わないような

しれっとしたママさんなんかよりずっと!

 

それに

このちょろ助坊主

ウチのトンチキ小坊主に似ています

 

この母親と息子の感じって

なんだかとっても

わたしたちと重なるんですが・・・

 

ねえ?

ちまおさん・・・?

 

 

f:id:munazouchan48:20181026201318j:image

 

f:id:munazouchan48:20181026201329j:image

 

 

 

シフォンケーキはカロリーゼロなのよ

 

わたしも一応

まあ女性ですので ← たぶんおそらくきっと

たまには色気のある話でも・・・

とは思いながらも

やはり

ネコやカメや金魚のことや

年寄りの悪口や介護について

今のところそんなシケた話しか

人様に語れることが見つかりません

 

先日・・・というか10月18日

こちらの会議に参加してきました

 

第3回

✳︎✳︎✳︎定期巡回・随時対応型訪問介護看護

             運営会議

 

たいそう

長い会議名ですねえ

 

この会議は役所の指示により

定期的な開催を義務付けされており

今回で第3回目となります

 

これまでの第1回、第2回とも

 

バックれて

すっぽかしてやろうぜ!

キヒヒヒヒヒヒッ

 

前日の夜に酔いどれてる時には

いつもそう強く心に決めるものの

当日になると決まって

 

ブツクサ言いながらも

きっちり出かけていくという

 

昔はトンガっていたものの

いつかすっかり

長いものに巻かれることを覚えて

権力に弱い小市民感丸出し

このわたしなのでした・・・

 

この会議が何かとザックリ言うと

いわゆる活動や事例報告

および介護に携わる関係者らの情報共有の機会

そんなところでしょうか

 

定期巡回・随時対応型訪問介護に関しては

以前こちらで

端折りまくって説明したはずなので

もしかしてもしかしてもしかして

興味がある方がいたりしたなら参照願います 

 

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

 

去年までお世話になっていたケアマネさんが

会議を取りまとめる事務局のため

利用者代表としての参加を依頼されて

今に至るのですが

 

これから

他の利用者さんにも

どんどん

参加してもらう予定だから!

 

押しの強いケアマネさん

半ば強制的に委任状を渡されて以降

この日に第3回を迎えたにもかかわらず

 

利用家族の参加者が増える

 

・・・その気配はまったくありません

 

そもそも何故なら

この訪問介護看護システムの利用者は

独居生活を送る要介護老人が多いようで

 

あとはというと

 

わたしのウチのように

娘が3人もいるにもかかわらず

それぞれお互い責任を押し付けるばかりで

自分のことで常に手一杯かつ

老人の扱いにほとほと手を焼いているような

そんな家庭の受け皿になっているようです

 

そんなこんなで

もうそこそこ長くお世話になっている手前

 

おケーキ食べながら

おしゃべりしましょう!

 

そう言われればとくに断る理由もないので

ヒョコヒョコ

出かけていくわけで・・・ 🚶🏻‍♀️🚶🏻‍♀️🚶🏻‍♀️💨

 

そもそも確かに

わたしは結構な適任なんだと思います

きっと

真面目できちんとしたタイプで

前向きに介護に取り組んでいる家族にとっては

この場はちょっと居心地が悪いかもしれません

 

そう・・・

わたしくらいが

ちょうど良いのです 👍🏻

 

わたしは常日頃

お世話になっているみなさんに対して

果敢に絡んではいくものの

 

史上最もやる気のない

深刻さに欠ける家族

 

そういう態度を売りにしているので

プロの介護・看護担当者たちにとっても

かえって気を使わず会議を進行できるのでは?

 

参加者としてこちらに振られれば

そこそこ気の利いたトークは披露できますし

余計な発言は決してせず

たとえ素朴な疑問を抱いたとしても

グッとこらえてスルーする

そんな立派な分別をわきまえていますからね

 

ただし

甘いものは苦手な生粋の辛党なので

毎回出されるお菓子は

そこそこ苦痛なのですが・・・

 

この第3回会議

基本メンバーとなっている

地区連合会長さん

介護福祉士会の方

どちらも男性なのですが

このおふた方が揃って不参加だったため

 

今日は無礼講の女子会よっ

 

と言ったかどうかは忘れましたが・・・

あ、女子会は本当ですが

無礼講 はわたしの付け足しです

 

とくに

地区連合会長のおじさ・・・

いえ、お紳士については

なかなかどうして話が長いので

第1回、第2回とも

わたしは意識を失いかけた経緯もあり

今回は所用で不参加と聞き

ホッ・・やりいっ!

そう思ったのでした ← チクり禁止ですわ!

 

女性ばかりということもあって

いつもより軽い感じで

会議は順調に進んでいったのでした

 

あはははおほほほほ

 

お茶とお菓子を頂きながら

 

独居の認知症老人の現状

認認介護の増加

服薬管理の難しさ

残薬による医療費増大

薬剤師との

更なる連携の必要性

 

お世話になっている訪問看護師さんから

こういった話を伺った後

会議も締めに差しかかって尋ねられました

 

なにか質問ありますか?

 

せっかくですので聞いてみることにしました

 

認知症薬って

ホントに

効くんですかねえ

 

とりあえず

ぶっちゃけ疑問に思っていましたので・・・

 

看護師さんいわく

 

初期の状態で処方されて

早めに飲み始めれば

それなりの効果がある

 

だからむしろ

進行を遅らせる予防薬に近い

症状が出たら

七十代には飲み始めるべき

 

だいたいそういう見解でした

 

納得といえば納得なのですが

そもそも

異変に気づいた時点で本人が病院を訪れ

認知症の診断を受けてから服用するべきで

 

なかなか本人が自覚して自ら受診といっても

正直無いかなあと思いますし

まあこの時点でハードルはかなり高いのです

 

家族や周囲が・・・って話も

無理なものは

やっぱり無理なんですよねえ

 

手前味噌でなんなんですが

 

わたしは当時仕事を辞めて

かなり暇だったので

母を連れて買い物がてらドライブしたり

実家にも頻繁に出向いていたので

母の認知の衰えが気になり

町のクリニックに強制連行

 

そこで馴染みのお爺ちゃん先生に頼んで

認知症判断テストを実施してもらい

初期認知症と診断され

認知症アリセプト

処方してもらうことになりました

 

ただしっ!

 

のちにせっかくのそのお薬

母は飲まずに

大量に隠し持っていたことが判明し

わたしの努力と気遣いはまるっきり無駄になり

母はそのまま小ボケを突き進み

今ではすっかり

立派な大ボケへと進化を遂げたのでした

 

まさにこれが

認知症あるあるです

 

ただこの実績があったため

その後受けた介護認定では

とかく認定されにくいと言われる認知症

要介護認定を受けられたということで

やはりこのステップは必要だったのだ

自分を褒め称えることにしましたが・・・

 

・・・そうそう

その日のおケーキ

会議開催場所の介護施設にほど近い

地元で人気のお菓子屋さんのものでした

 

それはそれは

大きな大きなシフォンケーキ

かなりインパクトのあるシロモノでしたので

辛党のわたしにとっては

そびえ立つ難攻不落の高い壁のようでした

 

表層部から少しずつ少しずつ削ぎ落とし

派手に崩壊させないように全意識を集中させて

どうにか食べきったわけなのですが

 

さすが

その日は女子会!

 

最終的には

そのケーキの話になりました

 

ダイエット中の方もいたようで

お二人ほどは最後まで

ケーキに手をつけるのを躊躇していました

 

そこで重鎮の看護師さん

このようにきっぱりと言い放ちました

 

シフォンケーキは

ほぼ空気なの・・・

カロリーなんて

あるわけないのよ!

 

・・・・・・

さすがに問題発言では?

 

あはははははは!

その通りその通り!

 

みんな声を揃えて仰っていますが

わたし以外は確か全員

介護や医療のプロのはず・・・

 

好物でもないというのに

巨大ケーキを完食しなければならなかった

可哀想なわたしは仕方がないので

 

あはははははは!

その通りその通り!

 

みなさんにあわせて

そう笑うしかありませんでした

 

 

f:id:munazouchan48:20181023142505j:image

 

いぬぞう・・・老人あるあるの句

 

 

 

 

 

もしも生まれ変われるなら

 

生まれ変わりたいと

思ったことがありますか

 

現実と理想の乖離に思い悩んで

なんとかそこから逃げ出そうとと

もがきあがいた結果

慣れないことをして疲弊したり

はたまたあきらめ果てた挙句

静かな心で運命を受け入れたり

 

ヒトの人生やその姿かたちはさまざまです

 

みんなちがって、みんないい

 

言わずもがな

あの有名な詩人 金子みすゞさんの詩の一節です

多様性社会を表す代表的な考え方として

CMやポスターで目にすることが多い文言です

 

ただしわたしは

相当なひねくれ者ですので

ついさっきこの問題大アリの電子書籍

ポイントを利用してダウンロードしましたので

秋の夜長に

じわじわ読みたいと思っているところです

 

  

以上

あまり内容と関係無い前置きでした

 

去る10月16日のことです

 

今日は自由日のはずなので

駅の西口界隈にお買い物に出かけました

 

イトーヨーカドーでしか買えない

介護用の綾テープを売場にあるぶん全購入し

老朽化していたフライパンも新しく選びました

なぜなら10月16日まで

日用雑貨・キッチン用品 

まとめ買い10%割引中だったからです

そうそう

いつものお魚屋さんでお寿司も買いました

 

今夜はパーリィナイ

 

そんな気分上々なわたしが

その晩

近年まれなレベルの

あんな恐ろしい夢を見ようとは・・・

 

丑三つ時もとうに過ぎた頃

ネコ4匹を猫牢屋へ放り込み

残る3匹と寝室へ

 

f:id:munazouchan48:20181019130422j:image

 

最近購入して組み立てたものの

使い物にならなくて困っていた

リクライニングソファベッドがあったのですが

思い立ってベッドの横に設置したところ

2匹がそちらで寝てくれるようになり

わたしの傍には1匹だけ

少しだけですが

スペースが確保できるようになりました

 

今夜はのびのび寝れるかな

 

それなのにこの夢を見てしまいました

以下は

途切れ途切れの夢の内容を繋げたものです

 

 

なんて暗いんだろう・・・

 

どうやらわたしは実家にいるようでした

 

暗くて何が何やらわからないものの

間取りからいって

引っ越して新築した今の実家ではなく

生まれ育った古い家のようでした

 

わたしは「そろそろ寝よう」

かつての自分の部屋へ向かうのですが

誰かが先に

わたしのベッドで眠っていることに気づきます

 

近づいてようやく母だとわかり

起こして一階の自分の寝床へ行くよう言い

一緒に暗い階段を降りました

 

一階ももれなく暗いので

家中のすべての照明のスイッチを

手探りで点けてまわりましたが

どれも電球が切れているのか点きません

 

母の部屋は

今の実家の間取りでは客間の奥

寝床は敷いてあるはずなのですが

昔の家に住んでいたとき

母がどこで寝ていたのか

どうしても思い出せず

家の中の暗さも相まって

わたしは途方に暮れてしまいました

 

そうしている間に母の姿は消え

暗い廊下にわたしは一人きりで立っていて

トイレの横のお風呂場から

何やら気配がしたので恐る恐る覗いたものの

そこには誰もいません

 

ま、いっか!

 

母を探すのも面倒になったので

もう二階の自分の部屋に戻ろうと

暗い階段を一段一段登り始め

最後の数段まで来たところで

言いようのない違和感にとらわれました

 

あれれ?

足が重くて動かないぞ

 

ものすごい力で足を掴んでいる何か

わたしの体を階下へ引っ張っているらしく

・・・まったく動けないのです

 

これ絶対

振り返ってはダメなやつだ!

 

これまでの多彩なホラー経験から

夢の中とはいえそう思ったわたしは

なんとか這いずって

自分の部屋の入り口まで辿り着き・・・

 

目覚ましのアラームが鳴り出す前に

はからずも目が覚めました

 

実はこの夢の途中途中で

何度か目覚めて

うつらうつらしては

また夢の続きを見る

そういうことを繰り返していました

 

ですからこのようにハッキリ

夢の内容を記憶していられたのだと思います

眠ったらまた怖い夢が続くとわかっていながら

何度も眠りに落ちるなんて・・・

 

ただの無神経じゃね?

 

そう思われるかもしれませんが

カッ!と目覚めるたびに

でっかいチビちゃんのでっかい背中を探りあて

ひとしきり撫でて安心してはまた

得体の知れない世界に戻っていくという

長い長い怖い夜でした

 

もちろんオチはあります

 

ベッドの横に据え置いたソファベッド

こちらで寝ていたはずの

おにい君おまめちゃんの2匹が

いつの間にやら

わたしの足元に仲良くコソッと移動して

膝下を圧迫しまくっていたわけで・・・

その結果

軽いエコノミー症候群状態に陥って

わたしのもともと無いに等しい血流

寝ている間ほぼ死んでいたようです

 

足元に

6キロ弱のおにい君と

3キロのおまめちゃん

 

f:id:munazouchan48:20181019134909j:image

 

左傍に

6キロをとうに超えた

でっかいチビちゃん

 

f:id:munazouchan48:20181019135033j:image

 

温いっちゃあ温いんですがね・・・

 

もしやわたしは

無意識にうなされていたのでしょうか

隣のリビングの猫牢屋の中から

まだ時間が早いというのに

あんこちゃん

ミヨミヨ泣いている声がしました

 

心配してくれてるのかな?

 

・・・いいえ

きっと腹が減っただけに決まっています

あんこちゃんは

たいそう食い意地が張ったムスメですからね

 

f:id:munazouchan48:20181020131210j:image

 

f:id:munazouchan48:20181020131323j:image

 

f:id:munazouchan48:20181020131339j:image

 

f:id:munazouchan48:20181020131356j:image

 

f:id:munazouchan48:20181020131414j:image

 

そして外がしだいに明るくなり始め

どうにかこうにか一日が始まったのでした

 

それにしても

いったいなぜこんな夢を見たのでしょう

本当に血流の悪さだけが

原因だったのでしょうか

まあ、だいたい想像はつきますが・・・

そう・・・

フライパンセット&お寿司

その呪いにかけられた

そうに決まっています

 


f:id:munazouchan48:20181019130221j:image

f:id:munazouchan48:20181019130226j:image

 

前述したように

その日わたしはそれらを買ったのです

資金源は

15日に支給されたばかりの

ジイさんとバアさんの年金でした

その点に関しては

いっさい悪びれるつもりはありませんが

こんな傍若無人なツイートをしたわたしに

おそらくどこかで誰かが強い怒りを覚え

恐るべき呪いをかけたに違いありません

 

f:id:munazouchan48:20181019120349j:image

 

その証拠に

ご機嫌にお寿司を完食した直後

わたしは気分が悪くなり

おまけにお腹を壊してしまったのです

 

あろうことか

わたしは調子に乗って

こんな追いツイートもやらかしていました

 

f:id:munazouchan48:20181019120610j:image

f:id:munazouchan48:20181019120625j:image

 

たまのお寿司に浮かれて

寿司=誰からも愛される存在

そんな勝手な脳内変換の末の意味不明な呟き

 

・・・とんだバカ野郎です

 

どこのどいつのドイツ人失礼!

お寿司に生まれ変わろうなんて

とんでもないことを思うものですか

 

まるであの不可解な

実存主義の小説のようです

 

不思議な怖い夢を見た翌朝

目覚めたら

巨大な毒虫どころかお寿司に変身

・・・それは

何かと不便ですのでやっぱり困ります

 

f:id:munazouchan48:20181020131539j:image

 

f:id:munazouchan48:20181020131702j:image

 

f:id:munazouchan48:20181020131715j:image

 

注  わたしの世代は「巨大な毒虫」が定番でしたが

      最近の新訳ではどうやら

      もっと原文に沿ったものになっているようです

     でも、わたしは「毒虫」が好きです・・・

 

こんなツイートをするなんて

我ながら馬鹿なことをしたものです

 

・・・考えてみれば

体調を崩したのも無理はありません

ここのところの蓄積した疲れに負けて

直前に頭痛薬胃薬を飲んだうえでの

ひさかたぶりの贅沢な晩餐

そしてもちろんかっ食らった大酒

きっと

カラダが追いついていかなかったのですね

 

まったく・・・

8月に発症したもののやっと完治した

あのお腹ゆるゆるノ介 

再発したらどうするというのでしょう・・・

 

munazouchan48.hatenablog.com

munazouchan48.hatenablog.com

 

どんな恐ろしい夢を見ようと

ただの自業自得でしかありません

 

怖い夢を見たんだよ・・・

あるご婦人にそう相談したところ

けんもほろろ← この言葉初めて使ったかも

 

そりゃ介護鬱じゃな

とっとと

病院に行くがよい!

 

そう言われてしまいました

なんだか山口敏太郎のような対応・・・

 

でも

わたしは確かにを感じましたよ ← キャハッ!

 

もちろん

正当な労働の対価として

今後も変わらず

親の年金には手をつけていくつもりです 👍🏻

 

なんだかどんどん

老老介護の沼に沈んでいく気分ですが・・・

 

  ↓  最近気がつくといつもこの歌を歌っています


パンをふんだ娘 主題歌.wmv

  

・・・しかしながら

 

とりあえず

不用意なツイート

体調不良時のナマモノには

細心の注意を払うべき

身をもって痛感した長い長い夜でした

 

f:id:munazouchan48:20181019130052j:image

 

f:id:munazouchan48:20181019130105j:image

 

f:id:munazouchan48:20181019130116j:image

 

 

 

逮捕の瞬間!実録「85歳の逃亡犯」

 

長く続く一本道を

なにかをずっと追いかけ続けてるのに

走っても走っても走っても走っても

どうにもこうにも

どうしても追いつかない

 

そんな ベタな夢

誰でも一度くらいは

見た経験があるのではないかと思います

 

私の場合

これは定番の「よく見る夢」のひとつです

 

おかしな夢を見るのは

もともと得意なほうなのですが 

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

他にもいつもよく見るおかしな夢があります

 

超急勾配の坂道を125ccバイクで駆け上る途中

 ↑ なぜ125ccかというと所持免許が小型限定だからです

皮のグローブを装着しているにもかかわらず

グリップを握る手がつるりと滑って

運転者の自分だけが

 

ああああああ・・・

 

諦めに満ちた悲痛な叫びとともに

遥か後方に飛びすさって

やがて坂道を

コロコロ転げ落ちて行くというものです

 

そして落ちて行く自分とは正反対に

その間もバイクだけが

なぜかどんどん坂を登り続けて

やがては見えなくなってしまいます

 

坂のてっぺんから向こう側が

一体どうなっているのかはわかりません

 

登り同様の急な下り坂なのか

 

一転してその勾配は

緩やかなものに変化するのか

 

はたまたお約束の断崖絶壁か

 

繰り返し繰り返し見ている夢にもかかわらず

 

・・・正直わからないのです

 

なぜなら

わたしはそこに達する前に

最初で最後のただ一台の愛車となった

素敵可愛い赤いTZR125から落ちて

ビヨーン

飛んでっちまってるわけですから・・・

 

本当におかしな夢です

・・・ただし

 

昨日のとある経験が

わたしに思い出させたのはこの夢ではなく

冒頭のベタ「追いつかない云々」

あちらのほうなのでした

 

朝の8時半までに実家に向かい

そこから9時間

クルクル

コマネズミのようによく働いた一日でした

 

まずは

母をデイサービスに送り出す前に・・・

 

入れ歯・紙パンツ・服装 etc 

身だしなみチェック

 

タオル・薬・歯磨きセット・保険証 etc

持ち物チェック

 

施設担当者との連絡帳への書き込み

 

ああ、忙しい忙しい 🌀

 

ピンポーーン🎵

 

・・・ふうっ💨

お迎えの車が来たようです

 

認知症対応デイ施設の担当者さんは

いつも通り明るくて気配りもきめ細かい・・・

そして車の中には

ビシッとオシャレに決めた

いつものなんとも味わい深いご老人たち

 

精一杯出来うる限りの愛想を振りまいて

送り出しの完了です

あと実家に残るは要介護4の父ですが・・・

 

あ、今回

父の世話については

割愛します

 

・・・だってどうせ

楽しくもなければ愉快でもないですしね

 

そんなこんなしているうちに

 

ああ・・・

日が少し傾いてきました

 

母がデイから帰宅さえすれば

もうすぐ本日の任務は完了です

 

掃除・洗濯・備品の在庫確認、補充

朝からクルクル働いた長い一日も過ぎ

わたしはまもなく無事解放され

悪いネコちゃんたちが待つ

あの狭く汚いながらも

楽しいアパートに帰ることができます

 

さあ

帰り支度を始めましょうね

 

荷物をまとめて

買っておいた今夜の食材たちを冷蔵庫から出し

もう車に積み込んでおきますか・・・

 

よいしょ・・・っと

・・・おっ?

 

どうやら母のご帰還です

味わい深いご老人たち

相変わらず・・・いや、さらに味わい深く

ご挨拶してくれました

 

母もさすがに

一日まるっとのデイは疲れるのでしょう

フラつきながら家に入って行きました

 

サクッと業務を終了させるために

いつもの作戦と参りましょう

 

お茶とお菓子で食いしん坊の気を引いて

こちらが目を離したすきに

母がフラリと徘徊に出てしまうのを

バッチシ阻止してやるつもりです

 

お茶 🍵

・・・オッケー! 👍🏻

セブンのスイートポテト 🍠

・・・オッケー! 👍🏻

 

さあ、どうだっ!

 

えーっと・・・

・・・あれれ?

どこにもいやしねえ ⤵︎

 

振り返ると・・・

母は一瞬で消えていました

まるで人間消失ミステリーです

 

時間の余裕さえあれば

最近ひょんなことでフォローして頂いた

超常現象の権威 山口敏太郎

あの方に相談すべき案件に違いありません

 

f:id:munazouchan48:20181013194028j:image

  ↑  ネットから拝借(お痩せになる前)

 

なぜなら

以前にも一度教えを乞うていたからです

  ↓  Twitterさん、失礼します

f:id:munazouchan48:20181013210216j:image

f:id:munazouchan48:20181013210231j:image

 

その瞬間

そんなことを考えたかどうかは別として

すぐさま実家を飛び出して

通りへ猛ダッシュ 💨

 

鬼の形相で 右、左、右、左 見渡して

最後の左確認でようやく

遥か彼方の肉眼で見えるギリギリの辺り

母を発見

 

もちろん超特急で 古っ

わたしは追跡に取りかかりました

 

走って走って走って走って

 

ぜえぜえはあはあ

 

ぜんっぜん追いつかんわっ!

 

認知症徘徊のあるあるのとおり

恐るべき速さでスンスン移動し続け

どうしても追いつけないまま

豆粒大の母

大通りの交差点の手前で忽然と消えました

 

くそうっ!

やはりここは 山口敏太郎 の出番かっ!

 

再びの鬼の形相で 右、左、右、左 

・・・いない・・どこにもいない

 

ええいっ!

こうなりゃ匂いを辿って・・・まずは右へ!

 

いたっ!

またあんな遥か遠くっ 

 

周囲の目など気にもせず罵声を浴びせつつ

マルタイを確保

首根っこ掴んで実家へ連行

 

気がつくと

わたしは介護用のニトリル手袋をしたまま

しかも手には

父のたんの吸引準備中だったため

水の入ったジップロック容器を持ったままでの

怒涛の追跡劇だったようです

 

実家にこれ以上長居すると

母を際限なく叱りつけてしまいそうなので

後片付けも早々に切り上げて

締め切った車の中で思う存分悪態をつきつつ

やっとの思い帰宅したのでした  🚗💨

 

疲れ果てながらも玄関の鍵を開け

這うように二階へ ← このくだり前にも確か・・・

 

munazouchan48.hatenablog.com

  

そしてやはり見下ろすこの顔に迎えられながら

 

f:id:munazouchan48:20181013220432j:image

 

真夜中の水分補給用に大量に購入して

実家の大型冷凍庫で保管しておいた

つましい生活の唯一の贅沢品である

天然水ロックアイス

 

持ち帰ったこちらを冷凍庫にしまおうとして

袋から取り出したわたしは

それらがただの 美味しい天然水へと

自然回帰していたことに気づき

ただただ

絶望し愕然としたのでした

 

ちなみに今日は

 

どうせろくなアクセスもない

こんなブログの更新なんかうっちゃって

のんびり過ごしてやろう

 

そう決意していたところ

わたしの愛してやまない永遠の恋人

 

f:id:munazouchan48:20181013211531j:image

 

おにい君 

朝イチで吐き戻しをジェット噴射しながら

あの伝説のロデムのように

 

f:id:munazouchan48:20181013194946j:image

  ↑↓  ネットから探しました


f:id:munazouchan48:20181013195018j:image

f:id:munazouchan48:20181013195016j:image

 

 


【 バビル二世OP mov歌詞付 】

 

 

ソファの上を駆け抜けてくださったので

カバー類を全取っ替え

及び全洗濯全干しを余儀なくされ

昨日に輪をかけて

クルクル働かなければならなかったことを

ここに付け加えたいと思います

 

おにい君めっ!

 

f:id:munazouchan48:20181013195359j:image

 

そしてそのせいで

もう限界だ!今日こそはっ !

そう思って予定していた

カメのジジイの水換えが出来ませんでしたので

 

今夜もまた

クサイよクサイよ〜 と泣き泣き

凍結し直した天然水でハイボールを作り

岩下の新生姜← あ、社長さんどうも・・・

ポリポリとつまみつつ

「人生について」考えながら

ひとりの夜を過ごすことが

すでに完全に決定してしまったのです

 

f:id:munazouchan48:20181013210357j:image

 

以上

昨日書いたこの内容はすべて実話です 😔

 

 

 

サカナくん、熊においしい話をほのめかす

 

最近

ブログを書くのも読むのも

イマイチ気分が乗らずに困っています

 

きっと更年期のせいですね

 

そのくせ

おかしなアイデアだけは

湯水のように湧いてきます 💦

もしかしたら

そういう悪い病気なのかもしれません

恐ろしい謎の病です

 

しかもナマケモノの要素も強いので

過去に撮影して記事にした画像を

しれっと 

使用することすら平気になってしまいました

黙っていれば

たぶん誰も気がつかないとは思うのですが

それはさすがに

人として間違っている気がするので

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

ここはひとつ

なけなしの良心に従って

告解し懺悔しつつ

もったいない精神に基づく

リユース記事として

どうかお許しください

 

それと

またすごく長いので

適当なところでちょんぎりますが

次回があるかどうかはわかりません

 

 

はじまりはじまり〜

 

 

f:id:munazouchan48:20181008180223j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008180244j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008180304j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008180518j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008180538j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008180616j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008183905j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008180653j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008180711j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008180733j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008180753j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008180816j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008180837j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008180850j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008180903j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008180925j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008180941j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008181008j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008181123j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008181144j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008181204j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008181218j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008181232j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008181246j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008181258j:image

 

f:id:munazouchan48:20181008181306j:image

 

 

続く・・・とか言いながら

 

なんか続かない予感がしてしかたありません

まあ言うなればあの辺ですか

 

ベル〇ルク

H〇NTER×H〇NTER

ガ〇スの仮面

 

とんだビックネームを枚挙したことで

イラッとされた方がいるならば

申し訳ありませんが

当ブログにはあまり

向いてらっしゃらないと思いますので

あしからず

 

・・・なお

家事に仕事に人生に

毎日頑張っている皆さま

 

このサカナくんや熊の寸劇

また明日から始まる

つらい1週間の活力と希望になればと

願っているとかいないとか

  ↑  まあ、なんていい加減な・・・

 

さてさて本当に

次回に続くんでしょうか ニヤリッ

 

 

 

台風の夜とジンギスカン・・・ウッ!ハッ!

 

ジン!ジン!

ジンギスカ〜ン 🎵

 

・・・を自己流で作って食べました

 

近所のスーパーで

毎年いつも同時期に開催されていた

北海道うまいものフェア

あの災害のあと急遽名前を変え

北海道復興応援まつりとなり

定番スイーツやご当地グルメ

大々的に販売していたため

復興への想いも込めて

ジンギスカンのお肉を買いました

 

初心者でも食べやすいものがよいと思い

こういった味付きのお肉にしました

 

ジャジャンッ!

 

f:id:munazouchan48:20181001125139j:image

 

大好きな生姜味です

 

わたしはとにかく生姜が好きで

どんな料理にもすぐトッピング出来るように

生姜を一気に大量にすりおろしては

一回分ずつラップで包み

小分けにして冷凍しておくほどです

 

いまは便利なチューブのものもありますが

やっぱり

本物と比べたら味が落ちますからね!

 

また

冷蔵庫には必ず

岩下の新生姜スライス

何パックも常備しており

おやつやおつまみとして

口さみしいときはカリポリと嗜んでおります

 

そうそう・・・!

いつの日か

岩下の新生姜ミュージアム

 

shinshoga-museum.com

 

こちらにもぜひ行ってみたいものです

 

f:id:munazouchan48:20180930183359j:image

  ↑  ネットから拝借

 

なかなかの人気スポットらしく

最近では

栃木県のレアな新名所 

なっているとかいないとか・・・

しかも

その攻めの姿勢

なかなかにトンがったコンセプト

ネットをざわざわさせているとか・・・

 

そういえばつい先日

おやすみなさ岩下の新生姜

ツイッタ上での一日の締めに

そんなおかしなことを呟いたところ

岩下食品の女性社長さんから

いいね を頂いてビックリしました

 

そんな 岩下の新生姜

・・・ではなくて

ジンギスカンのことでしたね

 

いかんせん素人なもので

その道に精通した方を探して

正しい作法をレクチャーして頂いたものの

ジンギスカンなど所持しているわけもなく

残念ながら結果から申し上げますと

結局は普通のフライパンで調理した

汁気の多い肉野菜炒めになってしまいました

 

教えてもらったおすすめ具材

玉ねぎ

もやし

じゃがいも

カボチャ

アスパラガス

ナス

〆にうどん  ・・・などなど

 

こう見えて ← ?

見た目よりずっと少食なわたしは

この中から

玉ねぎ、もやし、カボチャ

かろうじてチョイスすることに決めました

 

いかにも

ステキな野菜炒めが出来そうですね

 

結果はどうであれ

初心者らしい用心深さを発揮したわたしは

野菜を先に炒めて取り分けておき

その後あらためて

お肉をタレとともに炒めたところに

炒め済みの野菜を投入するという

ジンギスカンに対しては

逃げとも言えるシステムを

特別に採用させて頂きましたが

それが正しかったかどうかは正直わかりません

 

おおらかで大味な気質を持つという

優しい道民のみなさん

 

そんな彼らをもってしても

この邪道ともいえるその振る舞いに

荒ぶり怒りに我を忘れるやも知れませんが

 

とりあえずはおかげさまで

なんちゃってジンギスカンが出来上がり

相変わらず正解がわからないまま

オバサンひとりで赤ワインをがぶ飲みしながら

黙々と平らげたのでした

 

f:id:munazouchan48:20181001145421j:image

  ↑  お醤油ではありません

 

だって・・・

しかたないではないですか

 

自宅でジンギスカンなど

こちとらお初の試みなのですから

 

またまた

怒られそうなのですが

 

育った土地柄に加えて

ど平民の家庭だったこともあり

馴染みのあるのはやはり豚肉なので

どうせ生姜味なら

自分でいつもの調子でタレを調合しての

豚肉だったらもっといいかな

そう思ってしまいました ← どうもすんまそん

 

f:id:munazouchan48:20181001191526j:image

 

ついでと言ってはなんですが

ユウチウブで探したら

こんな面白い動画を見つけました

子供ながらに大受けして

かつてさんざん歌って踊った懐かしい曲です

 

いま見てもどうにも笑いが止まりません

歌詞もめちゃくちゃですし

もしモンゴルの偉い人や

あの元横綱たちの目に止まったら

騎馬民族らしくお馬に乗って

ゾクゾクと攻め込んでくるのではと

わたしはなんとなく

ヒヤヒヤして心配になってしまいました

 

比較的・・・というか完全に

中高年層をターゲットにしているに違いない

このブログですので

おそらくはみなご存知かとは思いますが

若い方にとっては

おそらく初見になるかもしれませんね・・・

 

ああ・・・こんな面白いもの

初めて見るなんて

若いヒトは気の毒だなあ

 

 


ジンギスカン(1979) 歌詞付き

 

なお

子供の頃もオバサンとなった現在も

何十年も経てのちだというのに

同じテイストで笑えるというのは

なんだかいいものですね

おかげさまで

自分のブレない軸を再確認出来ました

 

ありがとう、ジンギスカン

ありがとう、中高年パワー!

 

・・・へ?

バカにするなっ!って

若いヒトたちが怒っている?

 

あらまあ・・・

ではそんな若者たちは

この往年のギャグをご存知かしら?

 

f:id:munazouchan48:20181001200827j:image

 

f:id:munazouchan48:20181001200805j:image

 

もしもご存知ないなら・・・

 

それは

坊やだからさっ!